新潟の三セク鉄道2社がラッピング列車でコラボ、補助金を活用 画像 新潟の三セク鉄道2社がラッピング列車でコラボ、補助金を活用

インバウンド・地域活性

新潟県の第三セクター鉄道2社は3月17日、ラッピング列車の運行を共同で企画したと発表した。3月24日から運行する。

発表によると、新潟県の地方鉄道体験型地域活性化事業補助金を活用。えちごトキめき鉄道が日本海ひすいラインで運用しているET122形気動車1両と、北越急行がほくほく線で運用しているHK100形電車1両に、それぞれ異なるラッピングを施す。

初日の3月24日は、直江津駅(上越市)で2社のラッピング車両を並べて配置する。まず13時46分、北越急行のラッピング車が5番線ホームに入線。えちごトキめき鉄道のラッピング車は14時12分、6番線ホームに入る。出発時刻はえちごトキめき鉄道車が14時23分で、北越急行車は14時27分に発車する予定だ。

北越急行は新潟県の山間部を貫く六日町~犀潟間59.5kmのほくほく線を運営。えちごトキめき鉄道は北陸新幹線の金沢延伸開業に伴いJRの並行在来線を引き継いだ第三セクターで、妙高高原~直江津間37.7kmの妙高はねうまラインと直江津~市振間59.3kmの日本海ひすいラインを運営している。2社の線路は直接つながってないが、JR東日本の信越本線を介して直通運転が行われている。

新潟の三セク鉄道2社がラッピング列車でコラボ 3月24日から運行

《草町義和》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

    入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  2. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  3. 戸田建設がイチゴ栽培に進出。農業の6次化や住民参加も

    戸田建設がイチゴ栽培に進出。農業の6次化や住民参加も

  4. 那覇空港中長期構想、滑走路間にターミナルビル移設/旅客需要増加に対応

  5. 小田原市のお城通り地区交流施設、宿場町のにぎわいを演出

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  8. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  9. あきる野市の武蔵引田駅北口土地区整、利便性の高い駅前空間の創出へ

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

アクセスランキングをもっと見る

page top