AIタクシー、 配車を最適化。予測値の正解制度は92.9%! 画像 AIタクシー、 配車を最適化。予測値の正解制度は92.9%!

IT業務効率

NTTドコモ、東京無線、富士通、富士通テンの4社は2月17日、共同で実施してきたAIタクシーの実証実験の中間報告と試乗会を兼ねた記者発表会を東京都内で開催した。AIタクシーとは、AIでタクシーの配車を最適化する仕組みのこと。NTTドコモの移動需要予測技術と、富士通テンの乗車実績データとを組み合わせて、乗車ニーズの高い地域を推定し、富士通のクラウドを経由して、東京無線のタクシー乗務員が持つタブレットに、乗車ニーズのヒートマップが表示される。実証実験は昨年6月から始まっており、今年の3月まで実施される予定だ。中間報告では、予想される乗車人数の精度がどの程度であったか、乗車実績との比較が発表された。これによると、予測値の正解制度は92.9%としている。また、実証実験に参加した乗務員の売り上げは、東京無線全体の平均値を49%上回る実績も発表された。会見後の囲み取材に応じたNTTドコモ 法人ビジネス本部 IoTビジネス部の谷直樹部長は、今回の成果の事業化について「今年の下期に事業化したいと考えています。今回の実証実験のパートナーである東京無線を含め、タクシー事業者に提案していきます。特に、実車率の高さは訴求したいポイントです。ビジネスモデルは、まずは富士通テンの配車システムに付加価値を加える形で考えています」と語った。また、富士通テン VICT技術本部 ソフトサービス技術部の沢田輝部長は、「いま、タクシー無線からIP通信に切り替わるタイミングで、帯域不足や不感帯の問題が解消されていくタイミングです。当社としては、配車システムNo.1のシェアとともに、富士通グループのクラウドの強みを活かして、新たな付加価値を提案していきます」と語った。

【AIタクシー】 配車を最適化、売り上げ1.5倍の効果

《佐藤耕一》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

    売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  2. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

    ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  3. 熊谷組ら4社、コッター式継ぎ手を使用した橋梁床版の実用化にめど

    熊谷組ら4社、コッター式継ぎ手を使用した橋梁床版の実用化にめど

  4. 西武建設と岩崎がVR技術活用の安全教育システム開発。現場を3D再現、気づき体感

  5. 【3Dプリンターと製造業:1】経費削減から自社ブランドの可能性まで

  6. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  7. ロボットトラクターで世界初の4台協調作業

  8. サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

  9. 熊谷組が屋内での自立歩行支援介護ロボットを開発

  10. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

アクセスランキングをもっと見る

page top