【時事エッセイ】仮説トイレだって快適にして欲しい 画像 【時事エッセイ】仮説トイレだって快適にして欲しい

人材

 外出先でトイレの利用をためらった経験がある人は多いのでは。国土交通省の調査では、駅や公園などの公共トイレに対し男女とも6割以上が「清潔感がない」と感じ、衛生面の不満を持っていることが分かった▼トイレは年齢や性別を問わず誰もが利用するもの。その良しあしは女性の社会参加にも影響を与えるだろう。建設現場に設置される仮設トイレも例外ではない▼国交省は16年8月に男女とも快適に使える「快適トイレ」の標準仕様を決め、10月以降の直轄土木工事から設置を原則化したが、手配が困難なために導入は2~3割にとどまるという。12月末で快適トイレは全国に6589台。数を増やすとともに、どこにどれだけあるのかを把握することも必要だ▼建設現場のトイレの改善は男女ともに働きやすい職場づくりにつながる。レンタルが多い現場の仮設トイレが変わると、災害時に避難所に持ち込まれる仮設トイレも変わるなど副次的な効果も期待できる▼被災地では衛生面などのトイレ問題が必ず発生する。快適トイレの普及によって、非常時だからこそ求められる平常時の環境を提供できるようになる。

回転窓/トイレ快適化の効果

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 清水建設が建築施工系の新入社員向けに体験型通年研修を導入、ものづくりの魅力伝える

    清水建設が建築施工系の新入社員向けに体験型通年研修を導入、ものづくりの魅力伝える

  2. 「大人の武者修行」対象事業者の募集開始……サービス産業生産性協議会

    「大人の武者修行」対象事業者の募集開始……サービス産業生産性協議会

  3. 世田谷区が「ツアー型説明会」を実施、建設業者の採用活動を支援

    世田谷区が「ツアー型説明会」を実施、建設業者の採用活動を支援

  4. 健康経営に取り組む25社、経産省と東証が選定

  5. 国交省とよしもとの「おうちクラブ」、スカイツリーから現場女子を応援!

  6. 愛知県、教職経験豊富な志願者が増加

  7. 建築家・槇文彦氏が芸術院新会員に内定、日本芸術院

  8. 大企業優秀人材を中小がUIJターンでお試し雇用、愛知県が助成

  9. 地方創生のカギをにぎる「プロ人材マッチング」/第2回 ITメディアの理解が人材獲得につながる

  10. 外国技能者に多能工化研修。利根沼田テクノアカデミーで始まる

アクセスランキングをもっと見る

page top