宮崎キャビア1983、海外へ! そして1983は何を意味するのか? 画像 宮崎キャビア1983、海外へ! そして1983は何を意味するのか?

海外進出

宮崎ブーゲンビリア空港は3月10日、国産唯一の本格熟成キャビア「宮崎キャビア1983」の香港向け輸出が始まったと発表した。

宮崎キャビア1983は8日、宮崎空港発香港国際空港行きの便で初めて輸出された。「1983」はキャビアを産むチョウザメの養殖研究が宮崎でスタートした年を意味する。宮崎キャビア1983は濃厚でクリーミーな奥深い味わいが特長で、国内外での販売拡大が期待されている。

宮崎ブランドのキャビアは、昨年のG7伊勢志摩サミットの食事会で提供され、現在はANA国際線ファーストクラス機内食の食材としても使われている。宮崎空港2階の日向屋では「宮崎キャビア1983プレミアム」(1万2960円)などを販売中。

宮崎空港から海外へ…宮崎キャビア1983の輸出が始まる

《日下部みずき》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. 16年の有望市場は「アジア」最多、海建協会員企業幹部アンケート

    16年の有望市場は「アジア」最多、海建協会員企業幹部アンケート

  3. ミャンマーで新車販売解禁、中古車市場への影響は?

    ミャンマーで新車販売解禁、中古車市場への影響は?

  4. 東風日産、新型セダンの ラニア 発売…中国の若い世代にアピール

  5. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  6. 半導体大手・アドバンテスト、マレーシア半導体製造企業と提携

  7. インドネシア進出のためのビジネスセミナー、11月12日開催

  8. JICA理事長に北岡伸一氏、10月1日就任

アクセスランキングをもっと見る

page top