宮崎キャビア1983、海外へ! そして1983は何を意味するのか? 画像 宮崎キャビア1983、海外へ! そして1983は何を意味するのか?

海外進出

宮崎ブーゲンビリア空港は3月10日、国産唯一の本格熟成キャビア「宮崎キャビア1983」の香港向け輸出が始まったと発表した。

宮崎キャビア1983は8日、宮崎空港発香港国際空港行きの便で初めて輸出された。「1983」はキャビアを産むチョウザメの養殖研究が宮崎でスタートした年を意味する。宮崎キャビア1983は濃厚でクリーミーな奥深い味わいが特長で、国内外での販売拡大が期待されている。

宮崎ブランドのキャビアは、昨年のG7伊勢志摩サミットの食事会で提供され、現在はANA国際線ファーストクラス機内食の食材としても使われている。宮崎空港2階の日向屋では「宮崎キャビア1983プレミアム」(1万2960円)などを販売中。

宮崎空港から海外へ…宮崎キャビア1983の輸出が始まる

《日下部みずき》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 日本工営がシンガポールで水力発電事業

    日本工営がシンガポールで水力発電事業

  2. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  3. 世界に向けた和食や鮨の認定制度、食のアイデンティティーは守られるのか?

    世界に向けた和食や鮨の認定制度、食のアイデンティティーは守られるのか?

  4. 中小建設企業の海外展開事例集、政府機関の支援策も紹介

  5. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  6. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  7. 建物設備メンテの日本空調サービス ミャンマーに新会社設立へ

  8. フジオフードシステム、ベトナムで「串家物語」などFC展開 

  9. 宮崎キャビア1983、海外へ! そして1983は何を意味するのか?

  10. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

アクセスランキングをもっと見る

page top