京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に! 画像 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

インバウンド・地域活性

 鴻池組は10日、京都市上下水道局が発注した「蹴上浄水場第1高区配水池改良工事」(施工=鴻池組・今井組・城産組特定JV)で行っている曳家工事を公開した。築100年以上が経過した現施設の外観を保存しながら配水池内部の改築を行うため、15年夏から一時的に移設させていた2棟の歴史的建造物を元の位置に復旧する工事で、建造物に影響を与えないよう細心の注意を払いながら作業を進めている。
 工事は、1912年に完成し、現在も稼働している蹴上浄水場第1高区配水池の機能維持・向上と耐震化を図る。07年に近代化産業遺産の認定を受けており、れんが造りの外壁などを保存したまま、内部に新たな配水池を築造する必要があったため、工事の支障となる北側の流入弁室上屋と南側の流出弁室上屋を曳家によって一時的に移設することにした。場所は東山区粟田口華頂町3、工期15年12月11日~17年6月30日。
 今回、同社が公開した流入弁室の曳家工事は、重さ約600トンの弁室上屋を仮置き場所から東側に約15メートル移動させた後、北側に約2メートル、下側に約2メートル動かして元の位置に復旧するもので、東側への移動は9~10日の2日間、北側への移動は23日の1日を予定。作業2日目となった当日は、1時間に1メートル程度の速さで4基の推進ジャッキを動かす中、作業員らがコロ棒や油圧ジャッキの状態などに細心の注意を払いながら慎重に作業を進めていた。
 流出弁室(約500トン)は、配水池築造後の今年2月8日から復旧に着手。まず斜曳きで8メートル西側に動かした後、16~17日で北側へ約15メートル平曳きし、元の位置へ移設。その後、約2メートルかさ下げし、上屋を定着させたが、いずれの曳家工事でも「弁室地下の通路や配管・設備スペースを保護するため、空間内に構台を設けるとともに、覆工板を敷いて開口部をなくすことで安全を確保している」(北村徹二鴻池組JV所長)。
 現在の進ちょくは約95%。今後は流入弁室を元の位置まで曳き戻す作業を行った後、5日程度かけて約2メートルかさ下げし、定着作業を実施。その後は流入管・流出管の配管や弁室内部の仕上げなどを残すのみとなるが、北村所長は「構台撤去や配管など、引き続き慎重な作業が求められる。事前の計画図作成や作業員とのコミュニケーションを徹底することで安全に万全を期したい。最後まで気を緩めず、無事故無災害で工事を終えたい」と話している。

鴻池組/京都市で歴史的建造物の曳家工事公開/1912年完成のレンガ建物元の位置に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

    高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 西武ライオンズ創設40周年記念、メットライフドーム改修/VIPラウンジや砂かぶり席も

    西武ライオンズ創設40周年記念、メットライフドーム改修/VIPラウンジや砂かぶり席も

  4. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  5. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  6. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  7. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  8. 外国人観光客向けアプリ『東京ハンディガイド』…25日、都がリリース

  9. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

  10. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

アクセスランキングをもっと見る

page top