大阪「新世界・通天閣」エリアに星野リゾート! 新たなインバウンド視点! 画像 大阪「新世界・通天閣」エリアに星野リゾート! 新たなインバウンド視点!

インバウンド・地域活性

 大阪市は、JR大阪環状線「新今宮駅」北側の市有地約1・4ヘクタール(浪速区恵美須西3丁目)に宿泊施設を誘致する開発事業者募集で、星野リゾートの全額出資子会社、ミナミホテルマネジメントを事業予定者に選定した。客室数は600を超え、カフェや温浴施設・スパなどを備えた滞在性の高い施設を提案。土地取得の提案価格は18億1111万1111円だった。今後、特定目的会社を設立し、開発事業を行う。今秋から18年秋にかけて基本・実施設計を進め、19年度の着工、21年度の竣工を目指す。
 計画地は浪速区恵美須西3の38の2で、市中心部の新今宮駅前に位置する。「新世界・通天閣」「天王寺・阿倍野」など、多くの市民・観光客が訪れる集客エリアに隣接。関西国際空港にも直結しているなど、宿泊施設の立地に適した交通至便な場所にある。
 提案によると、施設規模は20階建て(高さ約90メートル)延べ4万8610平方メートルを想定し、4~19階にホテルの客室608室を設ける。2階にはカフェテリアやご当地サービス、アミューズメント、ホテルフロント、3階に温浴施設やフィットネス、ラウンジ、20階にメインダイニングやバー、テラスを配置する計画だ。
 2階の屋外には緑あふれる丘「みやぐりん」も計画。ホテルフロントと一体利用が可能で、オープンエアのカフェで生演奏が聴けたり、ピクニックを楽しんだりできる癒やしの空間を創出する。ホテルの運営は星野リゾートが行う。
 19年6月ごろに施工者を決定し、工事に着手する予定で、21年度末のグランドオープンを目指す。工事期間は24カ月を見込む。

大阪市/JR新今宮駅前宿泊施設誘致(浪速区)/開発事業予定者に星野リゾート

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

    福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  2. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  3. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 鹿児島第3合同庁舎を整備。地域連携で景観形成、御楼門など復元に合わせ

  6. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  7. 共通する事業理念で汚泥処理からダチョウ飼育まで…周南市のある会社の取り組み

  8. 八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

  9. 「奇跡の一本松」の技術を展示する記念館が計画中

  10. 尼崎市・園田西武庫線御園工区、建設に本格着手。交通円滑化へ

アクセスランキングをもっと見る

page top