【時事エッセイ】名称をカタカナにすれば若者は集まるか? 画像 【時事エッセイ】名称をカタカナにすれば若者は集まるか?

人材

 こんなことを言うと頑迷固陋(ころう)とそしりを受けそうだが、地名でも組織名でも、長い間人々の間に定着している名称を変えることには慎重になる必要があるだろう。特に公共機関は▼東京都教育委員会が、都立商業高校の改革の一環で、商業科などすべての科の名称を2018年度から「ビジネス科」に変更するそうである(東京新聞2月28日付)。商業高では授業で簿記などを学ぶが、事務職が多かった就職先が近年、多様化しているのが変更の理由という▼記事によると、商業ではイメージが将来性と重ならず、生徒に敬遠される傾向があったらしい。ビジネスなら将来性に合うという理路がよく分からないが、手あかの付いたカタカナを持ってくるセンスもどうだろうか▼以前に大学の学科名から「土木」が消えると話題になったのを思い出す。最近、大学の新しい学部・学科名でよく見るのがグローバル、コミュニケーション、環境、国際などの言葉。卒業生はいったい何学士になるのか▼名称変更の目的に共通するのは若者集めだが、効果の検証も必要では。イメージで集められるというなら、若者も随分なめられている。

回転窓/改名で若者は集まるか

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 五洋建設、4週8休モデル現場試行開始/1日1時間の時間外労働削減も推進

    五洋建設、4週8休モデル現場試行開始/1日1時間の時間外労働削減も推進

  2. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  3. 事業承継と親族後継者の「学び」

    事業承継と親族後継者の「学び」

  4. 「中小企業の《経営論》」第9回:二代目、三代目経営者だからこそできること

  5. ロバート・デ・ニーロの“老人力”に学ぶ、高齢者雇用/HR EXPO

  6. 「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  7. ~社歌コン 応募社の横顔:1~スタッフが思わず泣いた社歌-清澄白川の美容室

  8. 社歌コンテスト、大賞発表! 激戦を勝ち抜いたのはこの動画

  9. 事業承継の2017年問題:1  M&A成功のポイントはどこにある?

  10. 【凜】ジャパンパイル中部支店基礎設計部主任技師・山田恵美さん

アクセスランキングをもっと見る

page top