KADOKAWA、マレーシアで訪日旅行者向け雑誌を創刊 画像 KADOKAWA、マレーシアで訪日旅行者向け雑誌を創刊

インバウンド・地域活性

【マレーシア】KADOKAWA(東京都千代田区)は1日、マレーシアで訪日旅行者向けに日本の最新情報などを紹介する季刊雑誌「ジャパンウォーカー・マレーシア」を創刊したと発表した。

 英語版とマレー語版の2種類で、英語版はシンガポールでも販売する。発行部数は英語版、マレーシア版ともに3万部。販売価格はマレーシアで約450円、シンガポールで約790円。

 日本政府観光局(JNTO)によると、2016年に日本を訪れたマレーシア人は前年比29・1%増の39万4200人、シンガポール人は17・2%増の36万1800人。

KADOKAWA、マレーシアで訪日旅行者向け雑誌創刊

《newsclip》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  2. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  3. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  4. みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

  5. 東京女子医科大学、河田町キャンパス再整備構想案/9年かけて更新

  6. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  7. ~着地型観光:1~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  8. 東京下町の上野観光連盟が、AI自動翻訳サービス導入を決めた理由とは?

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

アクセスランキングをもっと見る

page top