KADOKAWA、マレーシアで訪日旅行者向け雑誌を創刊 画像 KADOKAWA、マレーシアで訪日旅行者向け雑誌を創刊

インバウンド・地域活性

【マレーシア】KADOKAWA(東京都千代田区)は1日、マレーシアで訪日旅行者向けに日本の最新情報などを紹介する季刊雑誌「ジャパンウォーカー・マレーシア」を創刊したと発表した。

 英語版とマレー語版の2種類で、英語版はシンガポールでも販売する。発行部数は英語版、マレーシア版ともに3万部。販売価格はマレーシアで約450円、シンガポールで約790円。

 日本政府観光局(JNTO)によると、2016年に日本を訪れたマレーシア人は前年比29・1%増の39万4200人、シンガポール人は17・2%増の36万1800人。

KADOKAWA、マレーシアで訪日旅行者向け雑誌創刊

《newsclip》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 【リピーターを呼ぶお土産、強さの秘訣:2】バリ勝男クン。

    【リピーターを呼ぶお土産、強さの秘訣:2】バリ勝男クン。

  3. 高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発

    高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発

  4. 【規制緩和が生む新観光業:1】地方特化の通訳ガイドはじまる

  5. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  6. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  7. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  8. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  9. 日本レーベンが札幌市中央区にサ高住複合施設を計画。医療施設併設、11月着工めざす

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top