叡山電鉄、2種類のフリーWi-Fiサービスを導入 画像 叡山電鉄、2種類のフリーWi-Fiサービスを導入

インバウンド・地域活性

叡山電鉄(京都市左京区)は3月1日、観光客の利用が多い駅で無料公衆無線LANサービスを開始する。これにより訪日客向けのサービスを強化する。

発表によると、サービスは「KYOTO Wi-Fi」「Japan Free Wi-Fi KYOTO」の2種類を提供。叡山本線は出町柳・一乗寺・修学院・宝ケ池・八瀬比叡山口の5駅、鞍馬線は貴船口・鞍馬の2駅に導入する。対応言語は日本語・英語・韓国語・中国語(繁体字・簡体字)・タイ語になる。

叡山電鉄は「2種類のWi-Fiサービスを提供することにより、訪日外国人をはじめとするお客さまが、より快適にご利用いただける環境を提供いたします」としている。

叡山電鉄、2種類のフリーWi-Fiサービスを導入 3月1日から

《草町義和》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

    福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  2. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  3. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 鹿児島第3合同庁舎を整備。地域連携で景観形成、御楼門など復元に合わせ

  6. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  7. 共通する事業理念で汚泥処理からダチョウ飼育まで…周南市のある会社の取り組み

  8. 八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

  9. 「奇跡の一本松」の技術を展示する記念館が計画中

  10. 尼崎市・園田西武庫線御園工区、建設に本格着手。交通円滑化へ

アクセスランキングをもっと見る

page top