栃木県の総合スポーツゾーン新武道館整備、壁に益子焼など「栃木らしさ」を演出 画像 栃木県の総合スポーツゾーン新武道館整備、壁に益子焼など「栃木らしさ」を演出

インバウンド・地域活性

 栃木県は、総合スポーツゾーン(宇都宮市西川田)内に整備する新武道館の基本・実施設計を完了した。工事は2期に分け、17年度に武道場と近的弓道場工事を発注。20年度の供用開始を目指す。遠的弓道場の予定地には現在、県内唯一の飛び込みプールがあるため、近接する新屋内水泳場の完成後の20年度に別途発注する。
 基本・実施設計はAIS総合設計・フケタ設計・田村忠設計事務所JVが担当した。
 武道場、弓道場ともRC造2階建てで、総延べ床面積は9631平方メートル。屋根は金属段ぶき屋根、小屋組(建物内部)には県産スギ材と鉄骨のハイブリッド架構を採用し、武道の殿堂にふさわしい和のイメージと重厚な構えを持つ大屋根とした。
 天井・壁・床に県産のスギやヒノキを使うのをはじめ、ロビーやエントランスには同様に県産の大谷石(宇都宮市)、芦野石(那須町)、深岩石(鹿沼市)を活用。水飲み場の壁に益子焼、エントランス照明に鹿沼組子や烏山和紙を取り入れるなど「栃木らしさ」を最大限に演出する。
 メイン武道場は柔剣道兼用6面で観客席は1522席、サブ武道場は柔剣道兼用4面で2階に観覧スペースを設ける。弓道場は近的が12人立ち、遠的が6人立ちで観客席は約200席分確保する。

栃木県/総合スポーツゾーン新武道館整備(宇都宮市)/設計完了、17年度に工事発注

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

    福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  2. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  3. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 鹿児島第3合同庁舎を整備。地域連携で景観形成、御楼門など復元に合わせ

  6. 尼崎市・園田西武庫線御園工区、建設に本格着手。交通円滑化へ

  7. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  8. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  9. 共通する事業理念で汚泥処理からダチョウ飼育まで…周南市のある会社の取り組み

  10. 八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

アクセスランキングをもっと見る

page top