「原宿駅前プロジェクト」で、竹下通り周辺はどう変わる? 画像 「原宿駅前プロジェクト」で、竹下通り周辺はどう変わる?

インバウンド・地域活性

 NTT都市開発は6日、東京都渋谷区で計画している商業・住宅系の複合開発事業「原宿駅前プロジェクト」の詳細を公表した。総事業費約550億円を投じ、総延べ約2・7万平方メートル規模の建物2棟を建設する。設計は竹中工務店と伊東豊雄建築設計事務所、施工は竹中工務店が担当。今秋の本体着工、20年春の開業を目指す。
 計画地は渋谷区神宮前1の14の14ほか(敷地面積約5000平方メートル)。表参道と若者文化の発信地である竹下通りの間に位置し、1959年に竣工した原宿アパートメンツや原宿第一マンションズなどが立つ複数の敷地を一体的に開発する。既存建物群(解体対象延べ床面積1万4955平方メートル)の解体工事は竹中工務店の施工で6日に着手済み。
 JR山手線の原宿駅前に面する南敷地(4620平方メートル)にはSRC・RC・S一部CFT造地下3階地上10階建て延べ2万6000平方メートル、高さ40メートルの複合施設を建設する。用途は店舗、事務所、集会場、共同住宅、駐車場など。
 竹下通りにアクセスしやすい北敷地(457平方メートル)にはSRC・RC・S造地下1階地上2階建て延べ750平方メートル、高さ12メートルの店舗を建設する。
 基本計画はアール・アイ・エーと竹中工務店、伊東豊雄建築設計事務所が担当した。

NTT都市開発/原宿駅前で複合開発計画/総延べ2・7万平米、17年秋着工へ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  3. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  4. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

  5. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  6. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  7. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  8. 上諏訪駅東口駅前ビル、1階には 「ツルヤ」が入居

  9. 西武ライオンズ創設40周年記念、メットライフドーム改修/VIPラウンジや砂かぶり席も

  10. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

アクセスランキングをもっと見る

page top