京都伏見のお酒を飲み比べ…叡山電鉄『日本酒電車』3回目の運行 画像 京都伏見のお酒を飲み比べ…叡山電鉄『日本酒電車』3回目の運行

インバウンド・地域活性

叡山電鉄(京都市左京区)は4月1日、貸切列車『えいでん日本酒電車』を運行する。2015年3月に初めて運行し、今年で3回目。京都伏見の老舗蔵元の日本酒を車内で味わう。

叡山電鉄の発表によると、齊藤酒造の日本酒が味わえる『英勲号』と、北川本家の日本酒を飲める『富翁号』を運行。コメや精米方法が異なる銘柄数種を、蔵元による解説を聞きながら飲み比べることができる。日本酒に合うおつまみも提供される。

運行時刻は、『英勲号』が出町柳12時10分発(11時45分集合)~出町柳14時08分着、『富翁号』が出町柳15時25分発(15時00分集合)~出町柳17時23分着。折返し地点となる八瀬比叡山口駅では貸切ホームに停車し、52分間の休憩と取る。

旅行代金は5000円で、各回56人を募集。申込みは3月11日10時から先着順で受け付ける。

京都伏見のお酒を飲み比べ…叡山電鉄『日本酒電車』3回目の運行 4月1日

《草町義和》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 新国立競技場、屋根鉄骨工事に向け施工検証、始まる

    新国立競技場、屋根鉄骨工事に向け施工検証、始まる

  3. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  4. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  5. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  6. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  7. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  10. ~インバウンド向けホステル浸透中!:4~プリンスホテルのおもてなしは、どこが違う?

アクセスランキングをもっと見る

page top