京都伏見のお酒を飲み比べ…叡山電鉄『日本酒電車』3回目の運行 画像 京都伏見のお酒を飲み比べ…叡山電鉄『日本酒電車』3回目の運行

インバウンド・地域活性

叡山電鉄(京都市左京区)は4月1日、貸切列車『えいでん日本酒電車』を運行する。2015年3月に初めて運行し、今年で3回目。京都伏見の老舗蔵元の日本酒を車内で味わう。

叡山電鉄の発表によると、齊藤酒造の日本酒が味わえる『英勲号』と、北川本家の日本酒を飲める『富翁号』を運行。コメや精米方法が異なる銘柄数種を、蔵元による解説を聞きながら飲み比べることができる。日本酒に合うおつまみも提供される。

運行時刻は、『英勲号』が出町柳12時10分発(11時45分集合)~出町柳14時08分着、『富翁号』が出町柳15時25分発(15時00分集合)~出町柳17時23分着。折返し地点となる八瀬比叡山口駅では貸切ホームに停車し、52分間の休憩と取る。

旅行代金は5000円で、各回56人を募集。申込みは3月11日10時から先着順で受け付ける。

京都伏見のお酒を飲み比べ…叡山電鉄『日本酒電車』3回目の運行 4月1日

《草町義和》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

    「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  2. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

    常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  3. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

  6. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  7. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  8. 都市型ホテル「東急ステイ」全国展開へ、地方へのインバウンドに対応

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

アクセスランキングをもっと見る

page top