東京五輪「カヌー・スラローム会場整備」のWTO入札公告へ 画像 東京五輪「カヌー・スラローム会場整備」のWTO入札公告へ

制度・ビジネスチャンス

 東京都財務局は17日、2020年東京五輪の競技施設建設計画の一環として「カヌー・スラローム会場整備工事」の一般競争入札(WTO対象)を公告する。電子調達システムによる申請書の提出を27日から3月3日まで受け付ける。入札書の提出は4月5日まで。開札は同6日。
 一般土木工事の格付けを持つ2者以上のJVが参加できる。代表構成員には経営事項審査(経審)で土木一式の総合評定値が1200点以上あることを求める。
 工事場所は葛西臨海公園に隣接する都有地(江戸川区臨海町6)。東京五輪で使用するカヌー・スラローム会場の土木関係工事のうち、延長200メートルの競技コースやウオーミングアップコース、スタート・フィニッシュプール、ポンプ施設、雨水・汚水本管、敷地内通路などの整備を行う。予定価格は33億6075万9000円。工期は19年5月31日まで。
 設計はパシフィックコンサルタンツが受託している。基本設計段階では、競技コースの水の流れに変化が起きるようコース幅を拡張した部分を設けることや、ウオーミングアップコースに高低差をつくらず、ポンプで流れを生み出すことなどを決めている。

東京都財務局/カヌー・スラローム会場整備(江戸川区)WTO入札公告/4月6日開札

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

    筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  2. 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

    学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

  3. 羽田空港跡地開発、中小企業の拠点形成なるか?

    羽田空港跡地開発、中小企業の拠点形成なるか?

  4. 東京都、豊洲移転・築地再開発で影響配慮に腐心/近隣施設で事業者撤退の恐れ

  5. 東京の鉄道のこれから、路面電車復活も!?

  6. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  7. 2014年の中小企業数、減少傾向ながらペースはゆるやかに

  8. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  9. 本日の新聞から:日産vs仏政府、株バトル

  10. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

アクセスランキングをもっと見る

page top