技研のZEB(ネットゼロエネルギービル)化改修完了、一次エネ消費量が半減へ 画像 技研のZEB(ネットゼロエネルギービル)化改修完了、一次エネ消費量が半減へ

IT業務効率

 鴻池組は、茨城県つくば市の技術研究所で進めていたZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)化改修工事を完了させ、2月に運用を開始した。技術研究開発を一層強化するために技研施設の更新・拡充を進める中で、本館のZEB化改修プロジェクトを始動。「16年度ネット・ゼロ・エネルギー・ビル実証事業」に採択され、国の補助金を活用して実施した。既存建物の改修という大きな制約条件下で研究員が執務を続けながら工事を行い、補助金の要件を満たすZEB化を実現した。
 このZEB化改修により、基準ビルと比較して1次エネルギー消費量を51・7%削減でき、太陽光発電による創エネルギー分を加えると削減率は59・7%となる。補助金の支給条件であるBELS(建築物省エネルギー性能表示制度)の認証も取得している。
 ZEB化に当たってのコンセプトは、エネルギーを「減らす」「上手に使う」「創る」の三つ。「減らす」では、建物を取り巻く光や熱など外的要因を制御して、エネルギー負荷を削減。後付けLow-Eガラス、後付け二重窓による複層化、日射追従ルーバー、太陽光追尾自動ブラインド、内貼断熱、吹き抜けを利用した最適自然換気の技術を採用した。
 「上手に使う」では、快適性を確保しつつ、徹底してエネルギーロスを減らし、効率良くエネルギーを運用。高効率空調機器、タスク&アンビエント空調、輻(ふく)射冷暖房、二酸化炭素(CO2)連動全熱交換換気、大温度差変流量制御、空調変風量制御、自動調光型LED照明、タスク&アンビエント照明、超高効率変圧器を採用し、BEMSによる最適な統合制御と管理を行った。
 「創る」では、再生可能エネルギーを積極活用し、使用エネルギーの削減と補完を実施。太陽光発電、太陽熱の空調熱源利用、クールトレンチ技術を採用した。
 同社は、この建物を実証モデルとしてデータを蓄積。顧客がZEBを体験しながら見学してもらえる施設としても利用する。今後も研究開発を続け、さらにハイレベルで実用的なZEBの実現を目指す。

鴻池組/技研(茨城県つくば市)のZEB化改修完了/一次エネ消費量半減

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  2. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  3. ~中小工場のIoT化最前線:3~稼働状況も職員の体調も見える化!

    ~中小工場のIoT化最前線:3~稼働状況も職員の体調も見える化!

  4. 日本初!屋根リフォーム業者と利用者をつなぐポータルサイト

  5. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  6. 信州大学やアジア航測ら、スマート精密林業の確立へ。研究開発プロが始動

  7. ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

  8. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

  9. 「ぐんけん見張るくん」が活躍…群馬県みなかみ町の大雨災害

  10. 大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

アクセスランキングをもっと見る

page top