ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に 画像 ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

制度・ビジネスチャンス

 文部科学省は1日、2月20日に一般競争入札(WTO対象)を開札した「ナショナルトレーニングセンター拡充棟(仮称)新営その他工事」の落札者を133億6600万円でフジタに決定したと発表した。予定価格は147億8060万円、最低基準価格は133億0254万円だった。
 入札には同社のほかに、戸田建設(応札額145億円)、清水建設(応札額189億円)が参加した。
 建設地は東京都北区西が丘3の1442の21ほか。都立産業技術研究センター別館跡地の敷地面積1万3844平方メートル。建物規模はS造地下1階地上6階建て延べ約2万9400平方メートル、高さ30・5メートル。2020年東京五輪出場を目指すトップ選手の強化拠点として、既設のナショナルトレーニングセンターに近接する敷地に新たな施設を建設する。工期は19年5月31日まで。設計業務は松田平田設計・教育施設研究所JVが担当した。
 関連する設備工事3件(電気・空調・衛生)は、16年12月に別途公告されており、3月27日に開札する。

文科省/ナショナルトレセン拡充棟新営他(東京都北区)/フジタに

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 北越急行ほくほく線「宅配荷物列車」スタート、運転手不足の緩和も

    北越急行ほくほく線「宅配荷物列車」スタート、運転手不足の緩和も

  2. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

    国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  3. 成田空港会社がC滑走路新設、B滑走路延伸計画

    成田空港会社がC滑走路新設、B滑走路延伸計画

  4. 【中小企業の『経営論』】第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  5. 農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/前編

  6. 「利は仕入れにあり」

  7. 新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

  8. 岩手県がICL誘致実現へ、新たな検討組織を立ち上げ

  9. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  10. 政治に翻弄、 「日本郵政」歴代4人の社長が選ばれた理由

アクセスランキングをもっと見る

page top