ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に 画像 ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

制度・ビジネスチャンス

 文部科学省は1日、2月20日に一般競争入札(WTO対象)を開札した「ナショナルトレーニングセンター拡充棟(仮称)新営その他工事」の落札者を133億6600万円でフジタに決定したと発表した。予定価格は147億8060万円、最低基準価格は133億0254万円だった。
 入札には同社のほかに、戸田建設(応札額145億円)、清水建設(応札額189億円)が参加した。
 建設地は東京都北区西が丘3の1442の21ほか。都立産業技術研究センター別館跡地の敷地面積1万3844平方メートル。建物規模はS造地下1階地上6階建て延べ約2万9400平方メートル、高さ30・5メートル。2020年東京五輪出場を目指すトップ選手の強化拠点として、既設のナショナルトレーニングセンターに近接する敷地に新たな施設を建設する。工期は19年5月31日まで。設計業務は松田平田設計・教育施設研究所JVが担当した。
 関連する設備工事3件(電気・空調・衛生)は、16年12月に別途公告されており、3月27日に開札する。

文科省/ナショナルトレセン拡充棟新営他(東京都北区)/フジタに

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

    原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  2. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  3. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  4. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  5. ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.1

  6. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  7. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  8. ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

  9. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

  10. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

アクセスランキングをもっと見る

page top