アクティブラーニングを促す入門、実践書発刊 画像 アクティブラーニングを促す入門、実践書発刊

人材

 子どもたちに必要な力を育む“主体的・対話的で深い学び”=「アクティブ・ラーニング(AL)」。今回公表された、小中学校の学習指導要領改訂案でも、子どもたちが能動的に学ぶことの重要性は強調されている。
 こうした中、河合塾グループの(株)河合出版では、アクティブ・ラーニングを促すために必要な知識と技術を、誰にでもわかりやすく理解できるようまとめた入門・実践書『インタラクティブ・ティーチング―アクティブ・ラーニングを促す授業づくり―を発刊した。
 これは東京大学の栗田佳代子准教授と、河合塾グループが立ち上げた教育に関する調査・研究・開発を行っている「一般財団法人日本教育研究イノベーションセンター(略称=JCERI)」が編著。高等教育を中心に、初等中等教育も含めた教育改革の現場、さらには社会のあらゆる教育現場で活用できるALについてまとめたもの。
 「聞くだけの授業を終わりにしよう」をキャッチフレーズに、2014年11月から2016年9月までの約2年間にかけて4回開講。受講登録者数が合計で2万5000人を超えた、人気オンライン講座のエッセンスを忠実に再現すると同時に、最新の知見も加えている。
 同書は10章立てで最終章では中原淳氏(東京大学大学総合教育研究センター准教授)をインタビュアーに、平岡秀一氏(東京大学大学院総合文化研究科教授)ら15名の専門家の教育観や知見を対談形式でまとめている。
 B5判・240頁、2色刷り。本体2500円(税別)。

問い合わせ先
 株式会社 河合出版 Tel03・5354・8241
日本教育新聞

特集

人材 アクセスランキング

  1. 中小企業は「ストレスチェック制度」にどう対応し、活用していくべきか?

    中小企業は「ストレスチェック制度」にどう対応し、活用していくべきか?

  2. 損保ジャパンのマイスター認定は狭き門、平田葉子さんの評価は

    損保ジャパンのマイスター認定は狭き門、平田葉子さんの評価は

  3. 【HJ HJ EYE:2】進む農業の法人化、必要とされる人材とは?

    【HJ HJ EYE:2】進む農業の法人化、必要とされる人材とは?

  4. 【今週のエンジニア女子】Redshifterなデータサイエンティスト……荒金万琴さん

  5. スマホでいつでもどこでもできる「U・Iターン」とは?

  6. 主要ゼネコンの入社3年以内の定着率、「満足」は・・・

  7. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  8. 事業承継の2017年問題:3 50代のうちに考えておかないと間に合わない

  9. 迫る中小経営者の大量引退時代、廃業ラッシュは食い止められるか?

  10. 儲かっている会社=信頼関係のある会社

アクセスランキングをもっと見る

page top