閉館した「グランベリーモール」(町田市)の再整備、新たなにぎわい拠点へ 画像 閉館した「グランベリーモール」(町田市)の再整備、新たなにぎわい拠点へ

インバウンド・地域活性

 東京急行電鉄は、12日に閉館した商業施設「グランベリーモール」(東京都町田市)の再整備計画を公表した。再整備後の商業施設は延べ約15万平方メートルの規模を想定。3月には東急建設の施工で既存施設の解体工事に着手し、5月には引き続き同社の施工で本体工事に取り掛かる。完成は19年度の予定。設計は東急設計コンサルタントが担当している。
 計画地は東急田園都市線南町田駅南側に直結する東京都町田市鶴間3の3の1ほか(敷地面積約8・3ヘクタール)。シネマコンプレックス以外の既存施設の規模や配置を大規模に変える計画で、再整備後は2~3層を中心としたオープンモールとする。シネコンを含む総延べ床面積は約15万1000平方メートルの規模。約200店舗を設ける。約2100台収容できる駐車場も整備する。
 東急電鉄は町田市と連携し、商業施設と都市公園が一体となった新たなにぎわい拠点の形成を目指す「南町田駅周辺地区拠点整備事業」を進めている。両者と東急レクリエーションが施行者となり、「町田都市計画事業南町田駅周辺土地区画整理事業」(18・2ヘクタール)を実施。1月には基盤整備工事に着手済みで、道路や公園の整備、調整池の増設などを行う。施工は東急建設が担当。事業完了は20年度末を予定している。

東急電鉄/グランベリーモール再整備(東京都町田市)/東急建設で5月に本体着工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 東京女子医科大学、河田町キャンパス再整備構想案/9年かけて更新

    東京女子医科大学、河田町キャンパス再整備構想案/9年かけて更新

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  4. 練馬光が丘病院移転改築/整備・運営は地域医療振興協会に

  5. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  6. みなとみらい21の大規模複合ビル計画、JR横浜駅からペデストリアンデッキで接続

  7. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

  8. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  10. 鹿児島第3合同庁舎を整備。地域連携で景観形成、御楼門など復元に合わせ

アクセスランキングをもっと見る

page top