~越境ECを地方から:3~中国人爆買いをネットで再現、その方程式とは? 画像 ~越境ECを地方から:3~中国人爆買いをネットで再現、その方程式とは?

海外進出

【記事のポイント】
▼越境ECのプラットフォームを利用すれば、国内と同じ感覚でECサイトが立ち上げられる
▼動画中継ならその場で視聴者の質問に答え、品質と安心感をアピールできる
▼一過性の売れ方になりがちな越境ECでは、リピーターの獲得が重要


■B2B企業が開拓する越境ECのコンシューマ市場

 日用品やファッションといったコンシューマ向けの商品では、中国における巨大な越境EC市場の存在は見逃せない。都市部以外の地方でも生活水準が上がってきており、日本製品のデザインや品質は、中国でも広く受け入れられているところだ。

 アリババなどが提供する、中国市場向けの越境ECプラットフォームを利用して、越境ECを始める日本企業も増えている。その中で、「bolome(ボウロウミィ)」というECプラットフォームと、その動画ライブ中継機能を利用して売上を伸ばしている中小企業がある。奈良県奈良市に事務所を構える株式会社日本抗菌総合研究所だ。

 同社の主力製品はホタテの殻を粉末にした「Hotapa」。これを用いた台所用洗剤「Milkysoap」などを開発しており、天然素材由来で人体や環境にやさしいとして、国内外に多くのファンを持つ。日本抗菌総合研究所の井上恵利子氏によると、当初は製造メーカーとして、業者や販売代理店などへの卸を行っていたという。しかし、ビジネスが広がるにつれ、海外バイヤーからの問い合わせが舞い込むようになる。これに合わせて輸出業者の選定や通関手続きなど自前でこなし、海外へと取引を広げていった。

 海外取引も国内同様に業者や販売代理店がメインだが、通販などの小売りをまったく行っていなかったわけではない。2年ほど前から中国のファッションサイト「1688.com」に出品していた。その結果として、Hotapaの関連商品そのものは中国市場で評価されたものの、海外通販の売上が大きく伸びることはなかったという。

《中尾真二/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  2. ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

    ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

  3. ミラノ万博のジャパンデー、JAグループが日本の食・農を発信

    ミラノ万博のジャパンデー、JAグループが日本の食・農を発信

  4. 食べログラーメン部門1位の「麺屋一燈」、バンコク都心にタイ1号店

  5. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  6. マレーシア・ナジブ首相、消費税導入の影響について言及

  7. 急成長するミャンマー自動車ビジネス、日系企業はどう見る?

  8. 無洗米&水をセットで輸出へ!現地ニーズにマッチさせる商法

  9. アノニマスがナジブ首相の退任要求の動画をFBに公開

  10. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

アクセスランキングをもっと見る

page top