「品川新駅」本格着工、日本のグローバルなゲートウエーに! 画像 「品川新駅」本格着工、日本のグローバルなゲートウエーに!

インバウンド・地域活性

 東京のJR品川駅と田町駅の中間付近に新設される山手線・京浜東北線の「品川新駅(仮称)」が本格着工した。JR東日本が整備する新駅の駅舎本体工事と、都市再生機構が新駅周辺で進める土地区画整理事業の合同安全祈願祭が10日、現地で行われた。JR東の冨田哲郎社長、都市機構の中島正弘理事長など事業関係者が出席し、工事の安全を祈った。=4面に詳しく
 新駅は2020年東京五輪前の暫定開業を目指す。区画整理による基盤整備の後、JR東日本が中心となって新駅周辺の街づくりを進め、24年ごろの新駅の本開業と街開きを予定している。
 着工に当たり、冨田社長は「新駅と周辺の街づくりで日本のグローバルなゲートウエーをつくっていくという大きな目標を掲げている。新しい街が日本、東京のこれからの成長と繁栄の拠点として進展することを願っている」と期待を込めた。

JR東日本、都市機構/山手線・京浜東北線「品川新駅」が起工/日本のゲートウエーに

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

    高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  4. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  5. みなとみらい21の大規模複合ビル計画、JR横浜駅からペデストリアンデッキで接続

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  8. 日本女子大学、目白キャンパス新図書館棟/設計は妹島和世氏

  9. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  10. 共通する事業理念で汚泥処理からダチョウ飼育まで…周南市のある会社の取り組み

アクセスランキングをもっと見る

page top