犬や猫の気持ちがわかるウェアラブルスーツが登場! 画像 犬や猫の気持ちがわかるウェアラブルスーツが登場!

IT業務効率

犬や猫などのペットを飼っている読者も多いだろう。しかし、その気持ちとなるとなかなかわからないものだ。それがわかるスーツが登場した。アニコールがウェアラブルEXPO(18~20日、東京ビッグサイト)に展示した「バイタルスーツ」がそれで、今春の販売を目標に最後の詰めの作業を行っているそうだ。

バイタルスーツは同社が東洋紡と共同で開発したもので、東洋紡が素材などのハードを、そして同社が解析ソフトやアプリなどのソフトを担当した。「もともとは競走馬の調教用として開発したんです」とアニコール関係者。

それは心拍測定用電極と心拍センサー、高精度GPSがついた帯のようなもので、それを競走馬の胴回りに巻き付けると、心拍、速度、加速度などがスマホでリアルタイムで確認できるのだ。そのデータを見ることで、競走馬が手を抜いて走っているかなどの状態を把握でき、最適なトレーニングを実施できるという。

今回展示したバイタルスーツはそれを犬や猫用に応用したもの。付いているセンサー類はほとんど変わらないが、競走馬とは解析するデータが違う。解析するのは自律神経、心拍変動、反応スピードなどで、そこから犬や猫の心の動きを推測するわけだ。そして、それをスマホにグラフやニコニコマークで表示する。

「総合的な活動量も測定していますので、病気になっているとか、老い始めているとか、飼い主が気づくことができると思います。いま、犬の訓練所やブリーダーの間で注目されています」と前出の関係者は説明する。警察犬の養成所とは共同研究の話も持ち上がっているそうだ。

ちなみに価格は2万5000円を予定している。また、首輪も販売するそうで、こちらは9800円の予定だ。

【ウェアラブルEXPO 2017】犬や猫の気持ちがわかるスーツが登場、今春発売へ…アニコール

《山田清志》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

    首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

  2. ドコモのキャッシュレス決済サービス「d払い」が4月に始まる!

    ドコモのキャッシュレス決済サービス「d払い」が4月に始まる!

  3. 路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

    路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

  4. 山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

  5. 国産LinuxがMicrosoft Azureの認証テストをクリア……ミラクル・リナックス

アクセスランキングをもっと見る

page top