【メディケアフーズ展】独居者と在宅ケアが生む新たな需要 画像 【メディケアフーズ展】独居者と在宅ケアが生む新たな需要

イベント

【記事のポイント】
▼高齢の独居者が増えることで、市場拡大が予測される食の宅配サービス
▼在宅ケアの増加によって、介護食品や高齢者食品の一般需要が生まれる


■狙い目は独居者向けの給食サービス

 総務省の統計データによると、2016年9月15日時点における65歳以上の高齢者人口は3461万人。その数も、総人口における割合も増加の一途をたどっている。この先、高齢化社会が進む中で、どのようなビジネスチャンスが生まれてくるのか? そのヒントになりそうな高齢者食と介護食の専門展示会「メディケアフーズ展2017」が、1月25日から東京ビッグサイトで開催された。

 同展示会では介護食品や高齢者食品にスポットライトを当て、専門セミナー「介護食品、高齢者食品は数少ない成長市場」を開講。矢野経済研究所フード・ライフサイエンスユニットユニット長の加藤肇氏が、高齢化社会におけるフードビジネスのヒントを語っている。その中でも、まず加藤氏が取り上げたのが介護食品と高齢者食品だ。

 ここでいう介護食品とは咀嚼困難者食、嚥下食、流動食のこと。一方で高齢者食品とは、柔らかい物、カロリーを制限した物、少し量を抑えた物といったメニューのことを指す。ここで注目すべき点は、独居者が確実に増えていることだと加藤氏は指摘する。

「統計でも世帯数が増加していながら、1世帯あたりの人員は減っています。それだけ独居者、とくに高齢者層の独居者が増えているのです」

 では、高齢の独居者が増えると何が起きるのか? 加藤氏によると今後は介護食品と高齢者食品の中でも、特に給食や弁当といった宅配サービスの市場が拡大するという。

《関口賢/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. ~MEDTEC Japan 2017:1~ロボットから「見える手術室」まで

    ~MEDTEC Japan 2017:1~ロボットから「見える手術室」まで

  2. 【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

    【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

  3. 【インバウンドビジネス総合展:1】青森の小さな村に訪日客を呼ぶために

    【インバウンドビジネス総合展:1】青森の小さな村に訪日客を呼ぶために

  4. 社員に選ばれる企業への一歩「サテライトオフィス」、経費削減にも

  5. 【ウェアラブルEXPO】歩けば充電する発電インソール、10秒ごとに位置情報を発信

  6. 先進的な取り組みが次々と登場、IoTがもたらす未来とは?

  7. 八千代工業、東京モーターショーでS660 カスタマイズモデル他を出展

  8. 【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

  9. 【ツーリズムEXPOジャパン】1000年前から伝わる日本のペーパークラフト「山鹿灯篭」

  10. 「地方創生カレッジ」で進む人材育成、求められる担い手とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top