16年の新設住宅着工、6.4%増、低金利が戸数押し上げ 画像 16年の新設住宅着工、6.4%増、低金利が戸数押し上げ

制度・ビジネスチャンス

 ◇低金利が戸数押し上げ
 国土交通省は1月31日、2016年(1~12月)の新設住宅着工戸数が前年比6・4%増の96万7237戸になったと発表した。2年連続で前年を上回った。08年8月のリーマンショックの影響を受けた09年以降の年間統計の中では、14年4月の消費増税前に駆け込み需要が集中した13年に次ぐ2番目に高い水準。要因として、住宅ローンの低金利が続き着工戸数を押し上げたことを挙げている。
 着工戸数の内訳は、持ち家(注文住宅)が29万2287戸(前年比3・1%増)、貸家が41万8543戸(10・5%増)、分譲住宅が25万0532戸(3・9%増)。
 分譲住宅のうちマンションは11万4570戸(0・9%減)だった。マンションの減少要因として、首都圏と近畿圏で前年同水準を維持したものの、中部圏の落ち込みが響いたことを挙げている。
 一方、住宅を除いた民間非住宅建築物の16年の着工床面積は0・9%増の4480万平方メートルで、3年ぶりの増加となった。主な用途別に見ると、事務所が515万平方メートル(8・5%減)、店舗が602万平方メートル(0・7%減)、工場が798万平方メートル(9・0%減)とそれぞれ減少したが、倉庫869万平方メートル(9・3%増)の増加が全体の増加につながった。

16年の新設住宅着工、6・4%増/増税前駆け込み反動減から回復/国交省

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 国交省が交通誘導警備員を直接工事費に。実績とかい離、計上方法見直し

    国交省が交通誘導警備員を直接工事費に。実績とかい離、計上方法見直し

  2. 主要ゼネコン26社の16年4~9月期決算、7割近くが粗利益率10%台

    主要ゼネコン26社の16年4~9月期決算、7割近くが粗利益率10%台

  3. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(3)】番号制度担当室長が語る本音!

    【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(3)】番号制度担当室長が語る本音!

  4. がん細胞に「目印」付けて集中攻撃

  5. 朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

  6. 東京電力と東京ガス、スマートメーターの活用で共同実験

  7. マイナンバーは個別機能よりサポートで対応……弥生 岡本社長

  8. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  9. サドルかけるだけの駐輪スタンド、“ロード”利用者受け入れにも

  10. 16年度当初予算案が衆院通過、年度内の成立確定

アクセスランキングをもっと見る

page top