官民連携で「国際クルーズ」拠点を整備、選ばれた6つの港とは? 画像 官民連携で「国際クルーズ」拠点を整備、選ばれた6つの港とは?

インバウンド・地域活性

国土交通省は、官民が連携して国際クルーズ拠点を形成する港湾として6港湾を選定した。

港湾局は、国内に国際クルーズ拠点を整備して外国クルーズ船の寄航を増やすため、昨年10月から12月に「官民連携による国際クルーズ拠点形成計画書(目論見)」を募集した結果、6港湾から応募があった。

その後、学識経験者等で構成する「官民連携によるクルーズ拠点形成検討委員会」が評価し、港湾局はこれら6港湾を「官民連携による国際クルーズ拠点」として選定した。選定したのは横浜港、清水港、佐世保港、八代港、本部港、平良港。

今後、港湾局、港湾管理者、クルーズ船社などの関係者が計画書(目論見)の内容を踏まえ、それぞれ必要なハード・ソフト両面の取り組みを進めていく。

官民連携で国際クルーズ拠点を整備---港湾6カ所を選定

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 東京23区で唯一大学のなかった墨田区、「i専門職大学」開学へ!

    東京23区で唯一大学のなかった墨田区、「i専門職大学」開学へ!

  2. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ (解決戦略編)

  3. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  4. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  10. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top