官民連携で「国際クルーズ」拠点を整備、選ばれた6つの港とは? 画像 官民連携で「国際クルーズ」拠点を整備、選ばれた6つの港とは?

インバウンド・地域活性

国土交通省は、官民が連携して国際クルーズ拠点を形成する港湾として6港湾を選定した。

港湾局は、国内に国際クルーズ拠点を整備して外国クルーズ船の寄航を増やすため、昨年10月から12月に「官民連携による国際クルーズ拠点形成計画書(目論見)」を募集した結果、6港湾から応募があった。

その後、学識経験者等で構成する「官民連携によるクルーズ拠点形成検討委員会」が評価し、港湾局はこれら6港湾を「官民連携による国際クルーズ拠点」として選定した。選定したのは横浜港、清水港、佐世保港、八代港、本部港、平良港。

今後、港湾局、港湾管理者、クルーズ船社などの関係者が計画書(目論見)の内容を踏まえ、それぞれ必要なハード・ソフト両面の取り組みを進めていく。

官民連携で国際クルーズ拠点を整備---港湾6カ所を選定

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 【地方発ヒット商品の裏側】究極の白醤油を世界へ――「足助仕込 三河しろたまり」日東醸造

    【地方発ヒット商品の裏側】究極の白醤油を世界へ――「足助仕込 三河しろたまり」日東醸造

  3. 泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

    泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

  4. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  5. 大阪・うめきたの支線地下化・新駅設置でインバウンド加速へ!

  6. お茶産地PR、体験型「お茶ツーリズム」など注目のインバウンド策!

  7. 武蔵野会朝霞台中央総合病院、移転建替が起工、施工は清水建設

  8. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  9. 【那覇型ビジネス成功の理由:1】インバウンド交流型ホテル、集客の秘訣は?

  10. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

アクセスランキングをもっと見る

page top