成長著しいカンボジアで日系IT企業がチャレンジする、屋内位置情報を使ったサービス 画像 成長著しいカンボジアで日系IT企業がチャレンジする、屋内位置情報を使ったサービス

IT業務効率

ビーコンとクラウドを使った屋内位置情報サービスを提供するタグキャストが、同技術を用いたクーポン機能を備えるシティマップアプリ「KHEMARA」(ケマラ)をカンボジア向けにリリースした。iOS、Androidで無料配信中だ。

カンボジアは人口約1500万人ながら、7%の経済成長を続けアジア最後のフロンティアとして注目を集める国。昨年9月にはANAが直行便を就航し、ビジネスパーソンの行き来もより活発になってきている。

現在iOS、Androidで配信される「KHEMARA」は、カンボジア・プノンペン市内とその他地域の約1万店舗にのぼるショップを網羅。各店舗で行われるイベントやおトクなキャンペーン情報、クーポン等が日々更新される。「どれだけおトクか?」を重視するカンボジア人、そしてカンボジアを訪れる観光客にも利用されているという。



急速に成長を遂げているカンボジアでは、新しい店舗も次々に生まれていて、そうした店舗を探したり、お気に入りに追加したりもできる。また店舗に入ったことは同社の技術で自動的に認識され、店内だけのスタンプカードやルーレットゲームを楽しむことも可能だ。



本アプリはタグキャストの現地法人でプノンペンに拠点を置くTAGCAST Asia(CEO: 佐藤玄紘)が展開。同社では日本で培った技術のカンボジアでの展開をスタートしていて、屋内位置情報サービスは、プノンペンのイオンモールにある居酒屋「和民」でも利用されている。

成長著しいカンボジアで日系IT企業がチャレンジする屋内位置情報を使ったサービス

《土本 学》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【ITで強い商店街を作る:1】地域ポイントサービスとその先

    【ITで強い商店街を作る:1】地域ポイントサービスとその先

  2. かつてあった沖縄県営鉄道の駅がVRで「復活」!

    かつてあった沖縄県営鉄道の駅がVRで「復活」!

  3. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

    東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  4. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  5. 【自社システムを外販する:2】開発費を2年で回収、その戦略は?

  6. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  7. 港湾工事で成果! ICT導入で生産性向上!

  8. タブレットを活用した小規模事業者の経営支援、広島で運用スタート

  9. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  10. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

アクセスランキングをもっと見る

page top