遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由 画像 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

インバウンド・地域活性

【記事のポイント】
▼まずは遊休物件をAirbnbに登録して手ごたえをつかむ
▼立地条件と交通の便が重要
▼質を維持するために日々の手入れが肝心


■遊ぶための拠点で民泊をやってみた

 Airbnbを利用して始めた宿が海外で評判となり、シーズン中の稼働率が9割を達成し続けている。この瀬戸内海の小島にある1棟貸しのコテージを運営するのは山田浩司氏。同氏によると、当初はコテージの運営を事業化する考えはなかったという。もともとマリンスポーツが趣味で、コテージは仲間と集まる場所として用意したもの。そのため、当初はコンテナハウスで十分とも考えていたようだ。

 こうしてマリンスポーツ仲間が集い、遊ぶための拠点が完成した。しかし、そこで生活しているわけではなく、年間を通じて遊ばせている日数がかなりある。なにか有効な活用方法はないかと考えていたとき、試しに登録したのがAirbnbだった。旅客宿泊業の許可は山田氏個人が取得。これがレンタルコテージ「Y51 by the sea」の始まりである。

■日本語登録のAirbnbにも海外からの反応が

 当初、Airbnbには日本語と英語の両方を登録したが、そのせいもあってすぐに国外からの反応があったという。まずはオーストラリアのバックパッカーから利用の申し込みがあり、その後も海外からの問い合わせや予約が相次いだ。

 ちなみに、Airbnbを始めるにあたって、そのアイデアを出したのは山田氏の同級生だという。その人物はデザインを仕事としており、コテージのロゴやFacebookページのデザインなども、彼が手がけている。

 一方で、英語による来客への対応やAirbnbの編集は、もう一人のパートナーが担当することになった。以前は広島市内のゲストハウスで働いた経験を持ち、現在、Y51 by the seaはこの3名で運営されている。

 利用客はオーストラリア、アメリカ、イギリスの順で多いそうだ。Airbnbを始めた当初は20代のバックパッカーやカップルが多かったが、現在は料金を少し上げたことで、30~40代の夫婦や家族連れが増えた。また、楽天トラベルに登録したことで、日本人の利用者も徐々に集まっているという。

《中尾真二/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  4. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  5. 今年は特区民泊元年! 全国初の東京都大田区の取り組みを探る

  6. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  7. 【コト消費化するインバウンド:2】ゲームセンターの新接客術

  8. 長崎県、移住検討者にキャンピングカーレンタル……好きな場所で「お試し暮らし」可能に

  9. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

アクセスランキングをもっと見る

page top