遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由 画像 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

インバウンド・地域活性

【記事のポイント】
▼まずは遊休物件をAirbnbに登録して手ごたえをつかむ
▼立地条件と交通の便が重要
▼質を維持するために日々の手入れが肝心


■遊ぶための拠点で民泊をやってみた

 Airbnbを利用して始めた宿が海外で評判となり、シーズン中の稼働率が9割を達成し続けている。この瀬戸内海の小島にある1棟貸しのコテージを運営するのは山田浩司氏。同氏によると、当初はコテージの運営を事業化する考えはなかったという。もともとマリンスポーツが趣味で、コテージは仲間と集まる場所として用意したもの。そのため、当初はコンテナハウスで十分とも考えていたようだ。

 こうしてマリンスポーツ仲間が集い、遊ぶための拠点が完成した。しかし、そこで生活しているわけではなく、年間を通じて遊ばせている日数がかなりある。なにか有効な活用方法はないかと考えていたとき、試しに登録したのがAirbnbだった。旅客宿泊業の許可は山田氏個人が取得。これがレンタルコテージ「Y51 by the sea」の始まりである。

■日本語登録のAirbnbにも海外からの反応が

 当初、Airbnbには日本語と英語の両方を登録したが、そのせいもあってすぐに国外からの反応があったという。まずはオーストラリアのバックパッカーから利用の申し込みがあり、その後も海外からの問い合わせや予約が相次いだ。

 ちなみに、Airbnbを始めるにあたって、そのアイデアを出したのは山田氏の同級生だという。その人物はデザインを仕事としており、コテージのロゴやFacebookページのデザインなども、彼が手がけている。

 一方で、英語による来客への対応やAirbnbの編集は、もう一人のパートナーが担当することになった。以前は広島市内のゲストハウスで働いた経験を持ち、現在、Y51 by the seaはこの3名で運営されている。

 利用客はオーストラリア、アメリカ、イギリスの順で多いそうだ。Airbnbを始めた当初は20代のバックパッカーやカップルが多かったが、現在は料金を少し上げたことで、30~40代の夫婦や家族連れが増えた。また、楽天トラベルに登録したことで、日本人の利用者も徐々に集まっているという。

《中尾真二/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  7. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  8. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  9. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  10. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

アクセスランキングをもっと見る

page top