横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ 画像 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

インバウンド・地域活性

 首都高速道路会社と横浜市が建設を進めている「横浜北線(横羽線~第3京浜)」が3月18日午後4時に開通する。横羽線と大黒線の生麦ジャンクション(JCT)から第3京浜と接続する横浜港北JCTまでの延長約8・2キロ。同日に現地で開通式を行う。開通に先立ち、沿線住民などが参加できる北線の一般開放イベントなども予定されている。
 開通後の路線名称は高速神奈川7号横浜北線。3カ所の出入り口のうち岸谷生麦と新横浜の2カ所が同日に開通し、中間部の馬場出入り口は19年度の開通に向けて工事を進める。路線の約7割の区間を占める横浜北トンネル(神奈川区子安台~港北区新羽町、延長約5・9キロ)は、市内最長の道路トンネルとなる。
 新横浜から羽田空港や横浜港への所用時間がそれぞれ約10分短縮される見通し。物流の効率化や観光振興、地域活性化などの整備効果が期待される。

首都高速会社、横浜市/横浜北線、3月18日に開通/物流効率化や地域活性化に寄与

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 共通する事業理念で汚泥処理からダチョウ飼育まで…周南市のある会社の取り組み

    共通する事業理念で汚泥処理からダチョウ飼育まで…周南市のある会社の取り組み

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. CSRの時代的要請に企業はどう応えればいいのか?

  5. ダブルナットの10倍、ボルト・ナットの緩み防止スプリング…アドバネクス

  6. イッツコム×ニフティ×東急電鉄、IoT・HEMS関連の新会社設立

  7. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  8. 世界遺産効果で売り上げ急増……群馬養蚕農家の繭・桑加工製品

  9. 名古屋城天守木造計画、寸分違わず復元できる世界で唯一の城!

  10. ロボット・半導体技術を統合組織で開発加速……福岡県

アクセスランキングをもっと見る

page top