横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ 画像 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

インバウンド・地域活性

 首都高速道路会社と横浜市が建設を進めている「横浜北線(横羽線~第3京浜)」が3月18日午後4時に開通する。横羽線と大黒線の生麦ジャンクション(JCT)から第3京浜と接続する横浜港北JCTまでの延長約8・2キロ。同日に現地で開通式を行う。開通に先立ち、沿線住民などが参加できる北線の一般開放イベントなども予定されている。
 開通後の路線名称は高速神奈川7号横浜北線。3カ所の出入り口のうち岸谷生麦と新横浜の2カ所が同日に開通し、中間部の馬場出入り口は19年度の開通に向けて工事を進める。路線の約7割の区間を占める横浜北トンネル(神奈川区子安台~港北区新羽町、延長約5・9キロ)は、市内最長の道路トンネルとなる。
 新横浜から羽田空港や横浜港への所用時間がそれぞれ約10分短縮される見通し。物流の効率化や観光振興、地域活性化などの整備効果が期待される。

首都高速会社、横浜市/横浜北線、3月18日に開通/物流効率化や地域活性化に寄与

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  4. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  5. 今年は特区民泊元年! 全国初の東京都大田区の取り組みを探る

  6. 住友大阪セメント、福島の受け入れ基地増強…復興需要に対応

  7. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】札幌から「地の利」を生かしたデータ処理事業を展開する恵和ビジネス

  8. 千葉駅東口地区再開発、歩行者のための「グランドモール」配置

  9. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  10. 【コト消費化するインバウンド:2】ゲームセンターの新接客術

アクセスランキングをもっと見る

page top