横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ 画像 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

インバウンド・地域活性

 首都高速道路会社と横浜市が建設を進めている「横浜北線(横羽線~第3京浜)」が3月18日午後4時に開通する。横羽線と大黒線の生麦ジャンクション(JCT)から第3京浜と接続する横浜港北JCTまでの延長約8・2キロ。同日に現地で開通式を行う。開通に先立ち、沿線住民などが参加できる北線の一般開放イベントなども予定されている。
 開通後の路線名称は高速神奈川7号横浜北線。3カ所の出入り口のうち岸谷生麦と新横浜の2カ所が同日に開通し、中間部の馬場出入り口は19年度の開通に向けて工事を進める。路線の約7割の区間を占める横浜北トンネル(神奈川区子安台~港北区新羽町、延長約5・9キロ)は、市内最長の道路トンネルとなる。
 新横浜から羽田空港や横浜港への所用時間がそれぞれ約10分短縮される見通し。物流の効率化や観光振興、地域活性化などの整備効果が期待される。

首都高速会社、横浜市/横浜北線、3月18日に開通/物流効率化や地域活性化に寄与

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

    高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 西武ライオンズ創設40周年記念、メットライフドーム改修/VIPラウンジや砂かぶり席も

    西武ライオンズ創設40周年記念、メットライフドーム改修/VIPラウンジや砂かぶり席も

  4. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  5. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  8. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  9. 外国人観光客向けアプリ『東京ハンディガイド』…25日、都がリリース

  10. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

アクセスランキングをもっと見る

page top