横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ 画像 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

インバウンド・地域活性

 首都高速道路会社と横浜市が建設を進めている「横浜北線(横羽線~第3京浜)」が3月18日午後4時に開通する。横羽線と大黒線の生麦ジャンクション(JCT)から第3京浜と接続する横浜港北JCTまでの延長約8・2キロ。同日に現地で開通式を行う。開通に先立ち、沿線住民などが参加できる北線の一般開放イベントなども予定されている。
 開通後の路線名称は高速神奈川7号横浜北線。3カ所の出入り口のうち岸谷生麦と新横浜の2カ所が同日に開通し、中間部の馬場出入り口は19年度の開通に向けて工事を進める。路線の約7割の区間を占める横浜北トンネル(神奈川区子安台~港北区新羽町、延長約5・9キロ)は、市内最長の道路トンネルとなる。
 新横浜から羽田空港や横浜港への所用時間がそれぞれ約10分短縮される見通し。物流の効率化や観光振興、地域活性化などの整備効果が期待される。

首都高速会社、横浜市/横浜北線、3月18日に開通/物流効率化や地域活性化に寄与

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

    畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  2. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  3. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  4. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  5. 既存の不適格超高層ビル、増改築の規制緩和へ…来年6月から

  6. 「奇跡の一本松」の技術を展示する記念館が計画中

  7. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】大人の女性の本当の声を届けたい……COAKI

  8. 歴史的な街並みを観光資源に。古民家再生にファンド

  9. 【インバウンド向けホステル浸透中!:4】プリンスホテルのおもてなしは、???が違う!

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】気象センサーが生み出す理想のワイン……山梨県・三澤農場の葡萄作りへの挑戦

アクセスランキングをもっと見る

page top