【時事エッセイ】東京マラソン、ようこそ墨田区へ! 画像 【時事エッセイ】東京マラソン、ようこそ墨田区へ!

インバウンド・地域活性

 今年で11回目を迎える東京マラソンが今月26日に開かれる。抽選倍率は約12・2倍と過去最高に跳ね上がり、今や市民ランナーの憧れにもなっている日本を代表するスポーツイベントと言えよう▼大会を待ち望むのは幸運にも狭き門をくぐり抜けたランナーたちだけではない。今回は墨田区内を通過するコースに変更されて初の開催。長年にわたり招致活動を展開し、喜びに沸く地元関係者らの熱気が伝わってくるようだ▼「東京マラソンを墨田区に招致する会」が発足したのは08年2月。同年12月には行政と区民が連携して取り組むための協議会も始動し、署名や陳情、区民向けの啓発など招致活動は多岐にわたった▼そうした地元の努力がようやく実ったのは昨年3月。主催者の東京マラソン財団が、ゴール地点を東京駅前に変えるほか、墨田区内をコースに組み入れることを正式に決定した▼先月31日、土木学会主催の地方創生をテーマにしたシンポジウムで招致までの経緯が墨田区の魅力と共に紹介された。スポーツイベントが地域の魅力発信や活性化にどう役立つか。こんな視点で東京マラソンを観戦するのも面白い。

回転窓/ようこそ墨田区へ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  2. 宮城県名取市閖上東地区で土地区整。防集移転跡地を集約化

    宮城県名取市閖上東地区で土地区整。防集移転跡地を集約化

  3. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

    都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  4. 国交省が木造先導型事業で6件採択、整備費補助、技術普及後押し

  5. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  6. 原宿駅改修、五輪前に完了?

  7. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  8. 鹿児島県薩摩川内市のコンベンション施設、ホテル、レストラン、商業施設も

  9. フジタ、「小口径シールド真円度連続計測システム」を開発

  10. 新国立競技場に行灯型照明! 折り紙や障子で日本らしさ演出!!

アクセスランキングをもっと見る

page top