自動車整備業、2年連続で倒産件数増加。小規模・零細が8割 画像 自動車整備業、2年連続で倒産件数増加。小規模・零細が8割

制度・ビジネスチャンス

東京商工リサーチが発表した2016年(1~12月)の自動車整備業倒産状況によると、前年比20.9%増の75件で2年連続の増加。負債総額は同144.9%増の55億8900万円だった。

資本金別内訳は、「100万円以上500万円未満」が26件(同13.0%増)、「個人企業」が22件(同15.7%増)、「1000万円以上5000万円未満」が19件(同18.7%増)と続く。「1億円以上」が発生なしだったのに対し、「個人企業」が全体の約3割を占めた。また、従業員別では5人未満が57件と約8割を占め、小規模・零細企業の倒産が大半だった。

地区別では、全国9地区すべてで倒産が発生。最多は近畿の22件(前年11件)と倍増。次いで、関東15件(同18件)、中部12件(同11件)、中国7件(同4件)、九州6件(同5件)、東北4件(同4件)、北海道4件(同2件)、四国3件(同1件)、北陸2件(同6件)の順。関東・北陸・東北を除く6地区で前年を上回った。

また、倒産にカウントされない「休廃業・解散」も過去10年間で最多を数えた。国家資格の自動車整備士の減少に加え、若者の自動車離れ、車の性能アップ、事業主の高齢化、後継者難など、取り巻く経営環境は厳しさを増している。

自動車整備業、2年連続で倒産件数増加…小規模・零細が8割 2016年

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

    国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

  2. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  3. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  4. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  5. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  6. 羽田連絡橋・新規整備へ。国家戦略特区プロジェクトの一環

  7. JR東日本、新幹線大規模改修で適用材料、工法を募集/コスト低減、効率化など推進

  8. 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

  9. 東京都、豊洲移転・築地再開発で影響配慮に腐心/近隣施設で事業者撤退の恐れ

  10. リニア新幹線・第一中京圏トンネル新設西尾工区、競争見積もり手続きを公告

アクセスランキングをもっと見る

page top