自動車整備業、2年連続で倒産件数増加。小規模・零細が8割 画像 自動車整備業、2年連続で倒産件数増加。小規模・零細が8割

制度・ビジネスチャンス

東京商工リサーチが発表した2016年(1~12月)の自動車整備業倒産状況によると、前年比20.9%増の75件で2年連続の増加。負債総額は同144.9%増の55億8900万円だった。

資本金別内訳は、「100万円以上500万円未満」が26件(同13.0%増)、「個人企業」が22件(同15.7%増)、「1000万円以上5000万円未満」が19件(同18.7%増)と続く。「1億円以上」が発生なしだったのに対し、「個人企業」が全体の約3割を占めた。また、従業員別では5人未満が57件と約8割を占め、小規模・零細企業の倒産が大半だった。

地区別では、全国9地区すべてで倒産が発生。最多は近畿の22件(前年11件)と倍増。次いで、関東15件(同18件)、中部12件(同11件)、中国7件(同4件)、九州6件(同5件)、東北4件(同4件)、北海道4件(同2件)、四国3件(同1件)、北陸2件(同6件)の順。関東・北陸・東北を除く6地区で前年を上回った。

また、倒産にカウントされない「休廃業・解散」も過去10年間で最多を数えた。国家資格の自動車整備士の減少に加え、若者の自動車離れ、車の性能アップ、事業主の高齢化、後継者難など、取り巻く経営環境は厳しさを増している。

自動車整備業、2年連続で倒産件数増加…小規模・零細が8割 2016年

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

    NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

  2. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

    筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  3. 【規制緩和が生む新観光業:3】高単価ガイドツアーが売れる理由

    【規制緩和が生む新観光業:3】高単価ガイドツアーが売れる理由

  4. 主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

  5. 中小企業の事業承継に、日本的M&Aという新たな選択肢

  6. 【中小企業の『経営論』】第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  7. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  8. 建機大手4社の16年4~9月期決算、全社が減収・営業減益

  9. 成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

  10. 羽田連絡橋・新規整備へ。国家戦略特区プロジェクトの一環

アクセスランキングをもっと見る

page top