家畜バイオマスで水素、電気、温水を製造・供給。北海道で実証事業 画像 家畜バイオマスで水素、電気、温水を製造・供給。北海道で実証事業

IT業務効率

 エア・ウォーター、鹿島、日鉄住金パイプライン&エンジニアリング(東京都品川区、浅井武社長)、日本エアープロダクツ(川崎市幸区、ウィルバー・モック社長)は24日、北海道鹿追町に家畜バイオマス由来の水素製造供給施設を共同で開設した。水素を精製、製造、貯蔵、輸送、供給、利用するという一連のサプライチェーンを実証し、地産地消の水素エネルギー社会の実現につなげる。
 水素製造供給施設は「しかおい水素ファーム」の名称で、同日現地で開所式を行った。所在地は鹿追町鹿追北4線5の鹿追町環境保全センター内。製造能力は1時間当たり約70N立方メートル、出荷設備の圧力は19・6メガパスカル。
 事業名は「家畜ふん尿由来水素を活用した水素サプライチェーン実証事業」で、代表事業者のエア・ウォーターが施設を運営する。環境省が推進する「地域連携・低炭素水素技術実証事業」に採用されており、実証期間は15~19年度の最大5年間となる。
 家畜ふん尿のメタン発酵施設である同センターからバイオガスの供給を受け、水素ガスを製造する。製造した水素は、純水素型燃料電池用のエネルギーとしてセンター内で利用されるほか、貯蓄用カードルで畜産農家や近隣施設に水素を運搬し、電気と温水を供給する。
 センターには、北海道初となる定置型水素ステーションを設置し、燃料電池自動車、燃料電池フォークリフトの燃料としても利用される。

エア・ウォーター、鹿島ら4社/家畜バイオマスで水素製造・供給/北海道で実証事業

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. ソニーと都内タクシー6社、AI技術を活用した配車サービス開発へ

    ソニーと都内タクシー6社、AI技術を活用した配車サービス開発へ

  3. 戸田建設、技研(つくば市)にAI搭載ロボット導入/施設紹介に活用

    戸田建設、技研(つくば市)にAI搭載ロボット導入/施設紹介に活用

  4. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  5. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  6. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  7. 熊谷組ら、不整地運搬車の自動走行技術開発/省人化で生産性向上

  8. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  9. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  10. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top