【ウェアラブルEXPO】建設・物流現場、最新導入トレンド! 画像 【ウェアラブルEXPO】建設・物流現場、最新導入トレンド!

イベント

【記事のポイント】
▼作業員がHMDを装着することで、作業の遠隔監視や声による指示が可能に
▼HMDを装着しての作業をモニターし、分析結果を業務効率化に生かす


■現場全体を把握・分析・最適化し、人員削減にもつながるHMD

 ARやVRといった技術の進化とともに、ウェアラブル機器がビジネスの現場に取り入れられつつある。東京ビッグサイトで1月18日より開催された「第4回 ウェアラブルEXPO」では、各ブースでスマートウォッチやヘッドマウントディスプレイ(HMD)、IoTソリューションといった、ビジネス用途を想定した製品の姿を見ることができた。

 会場ではその他、ウェアラブル端末のビジネス活用についてのセミナーも開催されている。そのうちの一つ、「保守・点検に変革をもたらすウェアラブルソリューション」では、スマートグラスやHMDの業務利用の現状、および将来性について具体的な事例も含めた紹介が行われた。

 登壇者の一人は鉄道会社系のソリューションを提供する、アイテック阪急阪神事業戦略室主幹の雪定登氏。同氏によると鉄道会社では、信号機、車両、保線などの保守のため、膨大な点検作業が日々行われているという。そこで考えられているのがHMDの活用だ。

 作業員にHMDを装着させることで、点検時には現場の状況をリアルタイムで事務所に知らせることが可能になる。とくに故障や事故といった非常事態には、作業員だけでは判断がつかず、保安事務所への問い合わせが発生するケースがあるとのこと。このような現場では、映像を事務所に送るとともに、通話も可能なHMDの活用が考えられるとしている。

「ほかにも、鉄道関連では運転手育成のための簡易シミュレーターなども、HMDで代用できるようになると考えています」

 一方、建設現場ではすでにウェアラブル端末がすでに実用化されており、同社は戸田建設にソリューションを提供。こちらも作業員にHMDを装着させ、事務所にいる現場監督が映像を見ながら指示を出せるようになっている。複数のチームが音声情報を共有することもでき、高層ビルの建設など多くの人員が作業を行い、作業場と事務所が離れている場合などには便利なソリューションと言えるだろう。

 また、ビル管理では警備員にHMDを装着させるというのが、一般的な想定用途だ。ショッピングモールなどで客とのトラブルがあった場合には、現場の映像を送ることで責任者の判断を仰ぎ、的確な対応を取ることができる。

 HMDの業務用途について雪定氏は、「スマートフォンやトランシーバーなどでの連絡と違い映像が送れること。そして作業員は両手を使って指示に従って作業を行えることなどがメリットです」と話す。こういったウェアラブル機器の活用によって、現場全体を把握、分析、最適化し、人員削減やコストダウンが図れるとのことだ。

《関口賢/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 「なかよし家族の朝ごはん」ハットリ・キッズ・食育・クッキングコンテスト

    「なかよし家族の朝ごはん」ハットリ・キッズ・食育・クッキングコンテスト

  2. 「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

    「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

  3. 新業態など注目集まるコインランドリー、東京で2日より専門展

    新業態など注目集まるコインランドリー、東京で2日より専門展

  4. “2S改善マラソン”が製造業の成長に~島根ものづくり工場管理実践塾

  5. 【農業ワールド:1】ドローンやIoT、農家の今を変える技術

アクセスランキングをもっと見る

page top