【社歌コン 応募社の横顔:22】動画制作が生む新事業-徳島の不動産会社 画像 【社歌コン 応募社の横顔:22】動画制作が生む新事業-徳島の不動産会社

人材

 HANJO HANJOでは企業のコミュニケーションを盛り上げるものとして、社歌に注目してきました。その一環として実施したのが、企業の想いが詰まった社歌が主役の動画を募集する「中小企業 社歌コンテスト」です。ご応募いただいた社歌の背景には、従業員と関係者との交流など、さまざまなエピソードがありました。

*応募&投票期間は終了しました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

■きっかけは社長と従業員へのサプライズプレゼント

 社歌の制作が、その後の事業展開に新たな方向性を示した企業があります。2013年に創業した徳島県の不動産会社ハウスマイル。日本では初めてという、VR動画による物件紹介を行ったベンチャー企業です。

 事業が軌道に乗り始めた2015年のこと、同社の広報担当者は「社長と営業スタッフの労をねぎらう何かをしたい」と考えていました。そこで、閃いたのが企業理念を伝えるパラパラ漫画を作ることです。

「“住まいと笑顔をつなぐ”という理念をわかりやすく表現するには、動画で漫画を流すのが良いと思いました。内容は若い夫婦や大学生に営業スタッフが部屋を紹介するというものですが、作家さんに写真を渡して、弊社の営業スタッフをモデルに描いてもらったんです」(広報担当者)

 漫画と合わせて動画で流す歌は、社長と長年親交のあるロックバンド「シュノーケル」の西村晋弥さんに依頼します。会社の理念を伝え、漫画を見せ、あとはすべてをオマカセで制作してもらいました。こうして完成した動画は、取締役社長の關山晃裕さんの誕生日に公開。サプライズな演出に、社長も営業スタッフも大喜びしたそうです。以来、歌のタイトルである「How to make your Smile」は、会社のキャッチフレーズになりました。

 西村さんもライブでこのテーマソングをサプライズで歌い、ハウスマイルの紹介を行うなど、惜しみない応援をしてくれているとのこと。同社の店舗でミニライブをしたこともあり、これをきっかけに良好な関係が続いているといいます。

■動画の訴求力と可能性に開眼

 当時、社長や従業員の喜ぶ姿を見て、動画や音楽の持つ力に気づいたことが、後の360度見渡せるVR動画での物件紹介へとつながっていきます。提供したサービスは多くの注目を集め、ハウスマイルの利用者からも好評を得たようです。この動きを一歩進めるべく、2016年に制作したのが今回投稿されたVRによる社歌動画でした。

 これは物件紹介と同じように、VR動画で同社の店舗をヴァーチャル来店できる内容になっています。その目的は店の様子を案内することで、利用者に安心感を与えること。映像では西村さんが椅子に腰かけ、「How to make your Smile」を歌います。パノラマで店内を見渡すと、実は西村さんが2人登場していたり、同社のキャラクターが床で手を振っていたりと、遊び心あふれる内容です。

 現在では徳島の情報を紹介するVR動画を制作したり、地元高校の校歌をVR動画で記録するなど、同社の事業はVRを軸とした地域密着の情報発信へと幅を広げつつあります。社歌の制作から偶然生まれたVRへの取り組みに、地域密着型不動産業としての新たな未来が見えてきたようです。

width=

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. ■ニュース深堀り!■変わる制度と環境、シニア人材雇用の企業事情

    ■ニュース深堀り!■変わる制度と環境、シニア人材雇用の企業事情

  3. 事業承継と親族後継者の「学び」

    事業承継と親族後継者の「学び」

  4. 「中小企業の『経営論』」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  5. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  6. 国交省人事、航空局長に佐藤善信氏、観光庁長官は田村明比古氏

  7. 若者を一人前に! 建設産業担い手コンソーシアム

  8. 迫る中小経営者の大量引退時代。廃業ラッシュは食い止められるか?

  9. 【社歌コン 応募社の横顔:16】一社員の願いが歌に-岡山のスポーツクラブ

  10. 【社歌コン 応募社の横顔:21】ラテンが繋ぐ社員の輪-北海道の建設会社

アクセスランキングをもっと見る

page top