「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」、応募締め切り迫る 画像 「伊藤園お~いお茶新俳句大賞」、応募締め切り迫る

インバウンド・地域活性

 「第二十八回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」が今月28日(火)で作品の個人応募を締め切る。
 同コンテストは平成元年にはじまり、2980万句を超える累計応募総数を誇る応募作品数日本一の俳句コンテストだ。
 応募作品のテーマは自由で、感じたことや思ったことを季語、定型にこだわることなく、五・七・五のリズムに乗せて表現した俳句であればよい。
 応募部門は「小学生の部(幼児含む)」「中学生の部」「高校生の部」、「一般の部A(40歳未満)」「一般の部B(40歳以上)」と年齢を問わない「英語俳句の部」の6つがある。
 賞は、文部科学大臣賞(1名・賞金50万円)、大賞(各部門1名・賞金20万円)のほか、優秀賞、審査員賞、後援団体賞、都道府県賞などがあり、入賞作品計2000句は、「お~いお茶」シリーズのパッケージに掲載される。また、入賞入選した計7000名は作品集「自由語り」に作品が掲載される。
 応募方法ははがき、FAX、インターネット(伊藤園ホームページ)のいずれかで、一人6句まで応募可能。
 ※団体応募の問い合わせについては事務局まで。

応募先・問い合わせ=伊藤園新俳句大賞事務局
 〒102‐8553東京都千代田区紀尾井町3‐23 Tel03・3264・4050
 FAX03・3263・5668
 伊藤園ホームページ=http://www.itoen.co.jp
日本教育新聞

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  4. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  5. 追手門学院、東芝大阪工場跡地に新キャンパスを計画

  6. 那覇空港中長期構想、滑走路間にターミナルビル移設/旅客需要増加に対応

  7. 「みかんブリ」で地域活性!宇和島プロジェクトの秘策

  8. スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

  9. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  10. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

アクセスランキングをもっと見る

page top