JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求 画像 JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

インバウンド・地域活性

JTB首都圏は、ファーストクラスの乗り心地を意識した11人乗りオリジナルラグジュアリ-バス「ロイヤル・ロード・プレミアム」を新たに導入し、主に富裕層を対象とした高品質・高付加価値のバス旅行事業を、4月1日から本格展開する。

団塊の世代の旅行需要は、高齢化・旅行先の情勢不安の影響から、ヨーロッパなどへの周遊型海外旅行から、ゆとりある国内旅行にシフトしつつある。ただ、一般的な廉価型・大人数で移動する団体旅行では、要望を満たさないとの声が多くなっているという。

JTBグループで高品質旅行を専門に企画・販売・実施する「ロイヤルロード銀座」が、2016年度より取扱を開始した富裕層シニア向け国内バスツアー「ラグジュアリーバスで巡る夢の休日」は、好調に販売数を伸ばし、同事業所における国内旅行取扱数は前年比50増となっている。

インバウンド(訪日旅行)も増え続けており、より上質な旅を求める海外富裕層も増加している。ワンランク上の顧客満足度向上を目的に、利用する観光バスを自社でプロデュースすることで、拡大するマーケットに対応できる商品数を増やすとともに、高付加価値素材として法人向けオーダーメイド旅行も推進する。

バスの運行はケイエム観光バスに委託する。

導入する大型バスは、シート数が11席で、全席窓側の本革張りシートとなっている。ゆとりシートピッチ、1席独立型シートで、パーソナルモニター(4チャンネル/DVD・テレビなど)や飲み物の提供用小型パントリーを設置する。広々とした化粧室を備え、内装や装備品も「寛ぎ」を追求した。

JTB、ファーストクラスの乗り心地を体験できるバスを導入…定員11人

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  3. 東京下町の上野観光連盟が、AI自動翻訳サービス導入を決めた理由とは?

    東京下町の上野観光連盟が、AI自動翻訳サービス導入を決めた理由とは?

  4. 京都府で「援農隊」スタート……1日から農業を手伝える人、手伝ってもらいたい農業者をマッチング

  5. 首都圏の百貨店・大型ファッションビル跡地開発の動き活発化!

  6. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  7. 豊洲に高さ180mのマンション、東京ガスの現所有地に計画

  8. 新さっぽろ駅周辺地区開発/大学や商業施設を開発

  9. 2018 観光産業の潮流、押さえておきたい4つの波

  10. みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

アクセスランキングをもっと見る

page top