JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求 画像 JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

インバウンド・地域活性

JTB首都圏は、ファーストクラスの乗り心地を意識した11人乗りオリジナルラグジュアリ-バス「ロイヤル・ロード・プレミアム」を新たに導入し、主に富裕層を対象とした高品質・高付加価値のバス旅行事業を、4月1日から本格展開する。

団塊の世代の旅行需要は、高齢化・旅行先の情勢不安の影響から、ヨーロッパなどへの周遊型海外旅行から、ゆとりある国内旅行にシフトしつつある。ただ、一般的な廉価型・大人数で移動する団体旅行では、要望を満たさないとの声が多くなっているという。

JTBグループで高品質旅行を専門に企画・販売・実施する「ロイヤルロード銀座」が、2016年度より取扱を開始した富裕層シニア向け国内バスツアー「ラグジュアリーバスで巡る夢の休日」は、好調に販売数を伸ばし、同事業所における国内旅行取扱数は前年比50増となっている。

インバウンド(訪日旅行)も増え続けており、より上質な旅を求める海外富裕層も増加している。ワンランク上の顧客満足度向上を目的に、利用する観光バスを自社でプロデュースすることで、拡大するマーケットに対応できる商品数を増やすとともに、高付加価値素材として法人向けオーダーメイド旅行も推進する。

バスの運行はケイエム観光バスに委託する。

導入する大型バスは、シート数が11席で、全席窓側の本革張りシートとなっている。ゆとりシートピッチ、1席独立型シートで、パーソナルモニター(4チャンネル/DVD・テレビなど)や飲み物の提供用小型パントリーを設置する。広々とした化粧室を備え、内装や装備品も「寛ぎ」を追求した。

JTB、ファーストクラスの乗り心地を体験できるバスを導入…定員11人

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  3. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  4. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  5. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  6. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 富裕層インバウンドの法則その8

  9. 紙ではなく金網の折り紙!? 熟練職人の遊び心によるアイデア商品

  10. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

アクセスランキングをもっと見る

page top