日本交通のタクシー、スマホ決済サービス「オリガミペイ」を導入 画像 日本交通のタクシー、スマホ決済サービス「オリガミペイ」を導入

IT業務効率

Origamiと日本交通、グループ会社のジャパンタクシーは、東京23区・武蔵野市・三鷹市で運行する日本交通のタクシーにて、1月27日からスマホ決済サービス「オリガミペイ」および中国最大手の電子決済サービス「アリペイ」を開始すると発表した。

運賃の支払いは、タクシー内の助手席後部に設置されているIoT型デジタルサイネージ「TokyoPrime」端末を活用。運賃支払時に表示される決済方法の選択画面でOrigami Payを選択すると、端末にQRコードが表示され、利用客のOrigamiアプリにてQRコードを読み取ることで支払いが完了する。またAlipayを選択すると、端末にはQRコード読み取り画面が表示され、Alipayアプリに表示されるQRコードを読み取らせることで支払いが完了する。

スマートフォンのみで決済できるオリガミペイとアリペイは、利便性、安全性の高さから利用者を増やしている。日本交通では、東京23区・武蔵野市・三鷹市で運行する約3500台より提供を開始し、今後は全国のタクシー5万台の車両への展開を進めていく。

日本交通のタクシー、スマホ決済サービス「オリガミペイ」を導入…都内3500台

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

    沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  2. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  3. 【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

    【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

  4. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  5. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  6. 【AIで変わる経営:2】明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

  7. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  8. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  9. VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

  10. VRによる未来のコミュニケーションとは?

アクセスランキングをもっと見る

page top