i-Con推進コンソーシアム発足。今年は本格推進の年に 画像 i-Con推進コンソーシアム発足。今年は本格推進の年に

IT業務効率

 建設現場の生産性向上を図る産学官連携の取り組みが本格始動する。幅広い分野の企業や公共機関・団体、有識者などでつくる「i-Construction推進コンソーシアム」が発足。具体的な検討を行うワーキンググループ(WG)も立ち上げた。17年を「生産性革命前進の年」と位置付ける石井啓一国土交通相は「活動を通じて、生産性が高く魅力的な新しい建設現場の創出を目指す」としている。
 国交省は1月30日にコンソーシアムの設立総会を東京都内で開催。458の会員で始動した。会長に小宮山宏三菱総合研究所理事長、副会長に宮本洋一日本建設業連合会副会長兼土木本部長が就任。全体のマネジメントを行う企画委員会のメンバーとして会長、副会長含む18人を選任した。
 具体的な活動を進めるため、▽技術開発・導入▽3次元(3D)データ流通・利活用▽海外標準-の3WGを設置した。技術開発・導入WGは最新技術の現場導入のための新技術発掘や企業間連携を促進。行政や現場のニーズと技術のシーズを抽出するアンケートを2月に始め、4~5月にマッチングイベントを複数回行う。並行して建設技術研究開発助成制度の公募・選定も進めながら、6月以降、建設現場への試行導入を行う。
 3Dデータ流通・利活用WGでは3Dデータの流通のための標準化やオープンデータ化により、シームレスなデータ利用環境を整備し、新たなビジネスの創出を目指す。2~3月に民間が保有する集積可能なデータや利用ニーズを調査し、意見交換会などを経て7月以降にデータ利活用方針を策定する。
 i-Constructionの海外展開方策を検討する海外標準WGは技術開発・導入と3Dデータ流通・利活用の両WGの動向を踏まえ、4月以降に活動する。
 設立総会で小宮山会長は「新しい目を持ち、自ら考える機械ができている。コンソーシアムでは3Dデータを共有し生産プロセスをシームレスにするといった現実的なことはもちろん、広い視野を持ったポジティブな活動を展開していきたい」と呼び掛けた。
 宮本副会長は「IoT(モノのインターネット)やICT(情報通信技術)などの最新技術が急速に進歩し、建設現場への実装が現実味を帯びてきた。将来的に労働者不足になるというピンチを、既成概念を打ち破り、飛躍的なイノベーションを実現するチャンスと捉えるべきだ」と強調。その上で「今年は本格的なi-Constructionの推進とその環境整備を着実に進める年となる。早急に全力で取り組んでいく」と決意を述べた。
 コンソーシアムの企画委員・会員は次の通り。
 【企画委員】
 ▽安宅和人ヤフーチーフストラテジーオフィサー▽小澤一雅東京大学大学院工学系研究科教授▽仮屋薗聡一日本ベンチャーキャピタル協会会長▽北野宏明ソニーコンピュータサイエンス研究所社長▽小宮山宏三菱総合研究所理事長▽鈴木祥治富士通研究所取締役兼応用研究センター長▽建山和由立命館大学理工学部教授▽田中里沙事業構想大学院大学学長▽冨山和彦経営共創基盤代表取締役最高経営責任者(CEO)▽藤沢久美シンクタンク・ソフィアバンク代表
 ▽宮本洋一日本建設業連合会副会長兼土木本部長▽近藤晴貞全国建設業協会会長▽松井守夫全国中小建設業協会会長▽才賀清二郎建設産業専門団体連合会会長▽渡邉勇雄全国建設産業団体連合会会長▽長谷川伸一建設コンサルタンツ協会会長▽野瀬操全国測量設計業協会連合会会長▽辻靖三日本建設機械施工協会会長
 【会員】
 〈法人会員〉
 ▽アイエステー▽愛河調査設計▽アイサス▽會澤高圧コンクリート▽アイサンテクノロジー▽アイセイ▽iTest▽青木あすなろ建設▽あおみ建設▽アキヤマ▽アクティオ▽淺沼組▽アサノ大成基礎エンジニアリング▽朝日航洋▽朝日テクノ▽朝日土木▽アジア航測▽アズクリエイト▽アスコ大東▽アドデザイン▽アミューズワンセルフ▽荒谷建設コンサルタント▽AritomiLab▽アルプスレントオール▽アンドー▽安藤建設▽安藤ハザマ▽アンリツネットワークス
 ▽石川建設▽いであ▽伊藤忠テクノソリューションズ▽井上建設▽イビソク▽岩崎▽岩田地崎建設▽植木組▽ウエスコ▽植村建設▽宇佐美工業▽ウッドプラスチックテクノロジー▽エアフォートサービス▽エアロ・フォト・センター▽エイテック▽エイト日本技術開発▽エーティック▽NECネッツエスアイ▽エヌシーイー▽エヌティーコンサルタント▽NTTデータ経営研究所▽エヌ・ティ・ティ・データCCS▽愛媛建設コンサルタント▽M-CIM研究会▽エムティシー
 ▽応用地質▽大江設計▽太田組▽大津建設▽大畑建設▽大林組▽大林道路▽岡田建設▽沖電気工業▽奥田建設▽奥野組▽奥村組▽奥村組土木興業▽オーシスマップ▽オートデスク▽米国オートデスク▽小原建設▽オープンCADフォーマット評議会▽小柳建設▽オリエンタルコンサルタンツ
 ▽鹿島▽鹿大丸▽加藤組▽神奈川県測量設計業協会▽かねこ▽株本建設工業▽かみえちご測地▽亀太▽刈屋建設▽川田テクノシステム▽環境支援事業協同組合▽環境風土テクノ▽技研製作所▽基礎地盤コンサルタンツ▽北川鉄工所▽北村技術▽岐阜県建設研究センター▽きもと▽キャタピラーイーストジャパン▽キャタピラージャパン▽キャディアン▽九州建設サポート▽協振技建▽共同技術コンサルタント▽京都サンダー▽共立エンジニヤ▽協和コンサルタンツ▽近畿測量
 ▽久保田工務店▽熊谷組▽クリーンエナジー・ジャパン▽経済活動支援チーム▽原子燃料工業▽建設環境研究所▽建設技術研究所▽建設システム▽建設電気技術協会▽建設物価調査会▽コイト電工▽コウノ▽鴻池組▽神戸製鋼所▽晃洋設計測量▽国際航業▽国際資源リサイクルセンター▽国土開発センター▽国土技術研究センター▽コサカ技研▽コスモ▽五大開発▽古林建設▽小林建設▽コベルコ建機▽コマツ▽コマツレンタル▽五洋建設▽コンストラクション・イーシー・ドットコム▽コンピュータ・アシスト・デベロップメント▽コンピュータシステム研究所
 ▽西海建設▽齊藤建設▽齋藤建設▽酒井重工業▽寒河江測量設計事務所▽坂本建運▽薩摩建設▽佐藤工業▽佐藤工務店産学官CIM・GIS研究会▽三幸工務店▽三進▽三陽建設▽三和ボーリング▽ジェイアール西日本コンサルタンツ▽ジェノバ▽ジェフリーズ証券▽ジオサイン▽ジオサーフ▽シーキューブ▽ジー・キューブ▽ジーサクセス▽システムdoing▽志多組▽シビルソフト開発▽ジビル調査設計▽清水建設▽CIM解決研究会▽社会基盤情報流通推進協議会▽ジャパックス▽首都高速道路▽首都高速道路技術センター▽正治組▽昭和▽昭和測量▽新谷建設
 ▽スカイウィングス▽SkySynapse▽鈴恭組▽鈴与建設▽砂子組▽砂田建設工業▽スマートウォーター▽住友建機▽住友重機械工業▽住友商事▽住友セメントシステム開発▽西武建設▽全国圧入協会▽全国建設業協会▽全国建設業協同組合連合会▽全国コンクリート製品協会▽全国中小建設業協会▽全国生コンクリート工業組合連合会▽全国無人航空機飛行技能適正評価監視機構▽先端建設技術センター▽セントラルコンサルタント
 ▽ソイル・ブレーン▽総社技術コンサルタント▽創信▽創和ジャステック建設▽測設▽損害保険ジャパン日本興亜▽大喜建設▽太啓建設▽大成建設▽大成ロテック▽大設▽大東工業▽大日本印刷▽大日本コンサルタント▽大福工業▽大福コンサルタント▽太平洋セメント▽ダイホーコンサルタント▽タイム社▽ダイワ技術サービス▽大和クレス▽高橋工務所▽タケウチ建設▽竹中工務店▽竹中土木▽田原建設▽玉野総合コンサルタント▽丹澤建設工業
 ▽地域エネルギー▽地域コンサルタント▽地圏総合コンサルタント▽中央開発▽中央設計技術研究所▽中央復建コンサルタンツ▽中電技術コンサルタント▽中部土木▽長大▽千代田コンサルタント▽土屋建設▽テイケイエンジニアリング▽テイコク▽帝国データバンク情報システム▽ティーネットジャパン▽テクノ富貴▽テクマ▽鉄建建設▽テラドローン
 ▽東亜建設工業▽東急建設▽東京海上日動火災保険▽東京建設コンサルタント▽東芝▽東芝ソリューション▽東電設計▽東邦地水▽東北ドローン▽東洋建設▽戸田建設▽トプコン▽トライ▽長岡生コンクリート▽長崎テクノ▽中日本建設コンサルタント▽中日本航空▽中日本高速道路▽ナカノアイシステム▽名古屋電機工業▽那須土木▽なんば技研
 ▽ニコン・トリンブル▽西江建設▽西尾レントオール▽錦産業▽西松建設▽ニシム電子工業▽日刊建設通信新聞社▽日産工業▽日水コン▽日本GPSデータサービス▽日本電気▽日本埋立浚渫協会▽日本海コンサルタント▽日本機械土工協会▽日本建設機械工業会▽日本建設機械施工協会▽日本建設業連合会▽日本工営▽日本港湾コンサルタント▽日本国土開発▽日本測量機器工業会▽日本測量調査技術協会▽日本電子認証▽日本PCボックスカルバート製品協会▽日本文化交流協会▽日本マルチメディア・エクイップメント▽日本無線▽ニュージェック▽延岡地区建設業協会
 ▽パシフィックコンサルタンツ▽橋本店▽パスコ▽長谷川建設▽長谷工コーポレーション▽八州▽パナソニックシステムネットワークス▽早野組▽羽山総合建設▽ハロワールド▽ビーイング▽東浜興業▽久永▽ビジオテックス▽日立建機▽日立建機日本▽日立システムズ▽日立製作所▽日立ソリューションズ▽一二三北路▽兵庫県建設業協会▽平井測研▽廣野組
 ▽ブイキューブロボティクス・ジャパン▽フェーズワンジャパン▽福井コンピュータ▽フクザワコーポレーション▽富士建▽フジタ▽富士通▽富士通マーケティング▽藤本組▽藤本建設▽フジヤマ▽扶桑電通▽復建技術コンサルタント▽復建調査設計▽古河産業▽古河電気工業▽ブレーンズ▽北斗測量調査▽北土開発
 ▽前田建設▽前田工繊▽前田製作所▽前田道路▽松嶋建設▽松本コンサルタント▽馬淵建設▽眞宮技術▽丸磯建設▽丸ス産業▽丸惣測量▽三島産業▽みすず綜合コンサルタント▽三井共同建設コンサルタント▽三井住友建設▽三菱総合研究所▽三菱電機▽水都環境▽宮城県建設業協会▽宮坂建設工業▽三好土木▽無人航空機国際管理協会▽村尾地研▽村本建設▽名邦テクノ▽メトロ設計▽森山(清)組
 ▽矢崎エナジーシステム▽八千代エンジニヤリング▽矢野商店▽山口土木▽山全▽山辰組▽山梨県建設技術センター▽山梨県建設業協会▽やんちゃな土木ネットワーク▽URリンケージ▽U-Landscape Design▽ユニテック▽吉田組▽ライト工業▽ランデス▽リコー▽リコージャパン▽リサーチアンドソリューション▽りんかい日産建設▽林工組▽ワイズ▽ワイズシステム▽若築建設▽ワールド測量設計
 〈有識者会員〉(カッコ内は所属、敬称略)
 ▽池田宰(宇都宮大学)▽今井龍一(東京都市大学)▽窪田諭(関西大学)▽柴崎亮介(東京大学)▽鈴木猛康(山梨大学)▽田中成典(関西大学)▽谷口寿俊(高度空間計測技術開発コンソーシアム)▽塚田義典(岩手県立大学)▽寺口敏生(関西大学)▽中川雅史(芝浦工業大学)▽中村健二(大阪経済大学)▽矢吹信喜(大阪大学)▽山本雄平(関西大学)
 〈行政会員〉
 ▽愛知県▽青森県▽秋田県▽石狩市(北海道)▽石川県▽茨城県▽伊万里市(佐賀県)▽岩手県▽大分県▽岡山市▽鹿児島県▽岐阜県▽京都府▽熊本県▽滋賀県▽静岡県▽静岡市▽仙台市▽高槻市(大阪府)▽千葉県▽東京都▽土佐町(高知県)▽鳥取県▽富山県▽富山市▽長崎県▽長野県▽新潟県▽兵庫県▽広島県▽福井県▽福岡県▽福島県▽三重県▽宮城県▽山形県▽山梨県▽和歌山県。

i-Con推進コンソーシアム発足/会員458者、3WGが始動/新しい建設現場創出

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

    ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  2. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  3. サービス業のIT利用最前線!3 手元のスマホを“高機能・多言語メニュー”に

    サービス業のIT利用最前線!3 手元のスマホを“高機能・多言語メニュー”に

  4. 【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

  5. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  6. ドローンの次は小型無人航空機(UAV)! 速く、長く飛行

  7. サービス業のIT利用最前線!5 NECが進化させる“おもてなし”プロダクト体験

  8. サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

  9. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  10. ~スマート林業:5~ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

アクセスランキングをもっと見る

page top