~AIで変わる経営:2~明かされた潜在顧客と“客が集う棚” 画像 ~AIで変わる経営:2~明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

IT業務効率

【記事のポイント】
▼感覚的な“顧客像”には、時に大きな間違いがある
▼客層や集客力の高い棚を分析する作業はAIに委ねる
▼AIに関するサービスは多数リリースされているので、適正コストを選べる

■来店者属性をAIによって分析する

 IBM Watsonの日本語版リリースとともに、AIビジネスが活気づいた2016年。そのムーブメントはあらゆる業界に飛び火し、さまざまなソリューションを生み出した。その中には中小企業の経営をサポートするものも多く、導入企業も増えている。メガネ小売チェーンの「ビジョンメガネ」もそのひとつだ。

 同社は日本全国に104件の店舗を展開。そのうちの2割が、ショッピングモールなどに店を構える“インショップ型”だ。店の前にはモールを訪れた客が行き来しており、そのうちの何人が店舗に目を止めてくれるか、商品に興味をもってもらえるかがグループの売上を大きく左右している。

 ショッピングモール「アリオ亀有」内にあるアリオ亀有店では、2015年にインストアアナリティクスサービス「ABEJA Platform Professional Plan」を導入した。その目的は“通行客に足を止めてもらう店舗”を作ることだったと、第二営業次長兼東京埼玉ブロック長の臼倉旦人氏は当時を振り返る。

「来店者数や顧客属性などは、もともとスタッフがアナログな手法で収集していたんです。それを、より確実に数値化したいと考えたのが、サービス導入のきっかけでした」

《関口賢/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 日建連、土木工事のIoT対応強化へ/会員現場に実証フィールド用意

    日建連、土木工事のIoT対応強化へ/会員現場に実証フィールド用意

  2. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

    【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

  3. 外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編)

    外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編)

  4. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  5. ~定額制ビジネスに勝算あり:3~少子化の今こそ子どもにフォーカス!

  6. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  7. 首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

  8. 「一人負け」状態のタクシー業界、ITとの組み合わせで激変できるか?

  9. 軽貨物版Uber? 利用者とドライバーをマッチングする「単身引越サービス」

  10. ~スマート林業:4~誰にでも開かれた「材木屋」

アクセスランキングをもっと見る

page top