日本交通のタクシー、中国人向け決済サービス「WeChat Pay」の取扱開始! 画像 日本交通のタクシー、中国人向け決済サービス「WeChat Pay」の取扱開始!

インバウンド・地域活性

新生銀行のグループ会社であるアプラスは、日本交通グループのジャパンタクシーと、中国人向けモバイル決済サービス「WeChat Pay(微信支付)」の利用契約を締結し、1月27日より、日本交通が東京23区、武蔵野市、三鷹市で運行するタクシー全車両約3500台に設置するデジタルサイネージ端末でWeChat Payの取り扱いを開始する。

ジャパンタクシーでは、フリークアウト・ホールディングスと2016年6月に設立した合弁会社IRISにてIoT型デジタルサイネージ「TokyoPrime」端末を開発し、都心を走行する日本交通のタクシー車両(助手席後部)へ設置。乗客の性別、エリア、時間帯などによって表示する広告の絞り込みが可能な動画・静止画の広告を配信している。今回、同端末にて、WeChatPayを利用したタクシー乗車料金の支払が可能となる。

具体的には、タクシー料金支払時に、端末に支払金額と決済方法の選択画面を表示。WeChatPayを選択すると表示されるQRコード読み取り画面にて、乗客が表示するWeChatPayコードを読み取ることで、支払が完了する。ジャパンタクシーでは、増加する訪日観光中国人客やビジネス客にタクシーをより快適に利用してもらうため、今後も東京都心のタクシーを中心にIoT型デジタルサイネージ端末の展開を進めていく。

一方、新生銀行グループでは、アプラスを事業主体として、Tencentグループの財付通支付科技(Tenpay)が提供する中国人向けモバイル決済サービスWeChat Payについて、Tenpayとの日本での決済代行サービスの提供合意に基づき、国内のWeChat Pay利用店舗の開拓と利用店舗網の構築に取り組んでいる。これまで、総合免税店を展開するラオックスやイオングループで総合スーパー事業を展開するイオンリテール、沖縄県でデパートやスーパーマーケットなどを展開するリウボウグループなどで導入が始まっている。

日本交通のタクシー、中国人向け決済サービス「WeChat Pay」の取扱開始…東京

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

    熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  4. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  5. 富裕層インバウンドの法則その4

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  8. JR京葉線の海浜幕張~新習志野間に新駅。上下2階層の線路間ホーム

  9. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  10. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

アクセスランキングをもっと見る

page top