日本交通のタクシー、中国人向け決済サービス「WeChat Pay」の取扱開始! 画像 日本交通のタクシー、中国人向け決済サービス「WeChat Pay」の取扱開始!

インバウンド・地域活性

新生銀行のグループ会社であるアプラスは、日本交通グループのジャパンタクシーと、中国人向けモバイル決済サービス「WeChat Pay(微信支付)」の利用契約を締結し、1月27日より、日本交通が東京23区、武蔵野市、三鷹市で運行するタクシー全車両約3500台に設置するデジタルサイネージ端末でWeChat Payの取り扱いを開始する。

ジャパンタクシーでは、フリークアウト・ホールディングスと2016年6月に設立した合弁会社IRISにてIoT型デジタルサイネージ「TokyoPrime」端末を開発し、都心を走行する日本交通のタクシー車両(助手席後部)へ設置。乗客の性別、エリア、時間帯などによって表示する広告の絞り込みが可能な動画・静止画の広告を配信している。今回、同端末にて、WeChatPayを利用したタクシー乗車料金の支払が可能となる。

具体的には、タクシー料金支払時に、端末に支払金額と決済方法の選択画面を表示。WeChatPayを選択すると表示されるQRコード読み取り画面にて、乗客が表示するWeChatPayコードを読み取ることで、支払が完了する。ジャパンタクシーでは、増加する訪日観光中国人客やビジネス客にタクシーをより快適に利用してもらうため、今後も東京都心のタクシーを中心にIoT型デジタルサイネージ端末の展開を進めていく。

一方、新生銀行グループでは、アプラスを事業主体として、Tencentグループの財付通支付科技(Tenpay)が提供する中国人向けモバイル決済サービスWeChat Payについて、Tenpayとの日本での決済代行サービスの提供合意に基づき、国内のWeChat Pay利用店舗の開拓と利用店舗網の構築に取り組んでいる。これまで、総合免税店を展開するラオックスやイオングループで総合スーパー事業を展開するイオンリテール、沖縄県でデパートやスーパーマーケットなどを展開するリウボウグループなどで導入が始まっている。

日本交通のタクシー、中国人向け決済サービス「WeChat Pay」の取扱開始…東京

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  2. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

    リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  3. 「コナミクリエイティブセンター銀座」、スマホ向けゲームの開発拠点に!

    「コナミクリエイティブセンター銀座」、スマホ向けゲームの開発拠点に!

  4. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  5. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  8. 【ご当地キャラの仕掛け人に訊く!】頭の社は出雲大社ではなかった……しまねっこ

  9. 叡山電鉄、2018年春に観光用の「楕円電車」導入へ

  10. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

アクセスランキングをもっと見る

page top