日本交通のタクシー、中国人向け決済サービス「WeChat Pay」の取扱開始! 画像 日本交通のタクシー、中国人向け決済サービス「WeChat Pay」の取扱開始!

インバウンド・地域活性

新生銀行のグループ会社であるアプラスは、日本交通グループのジャパンタクシーと、中国人向けモバイル決済サービス「WeChat Pay(微信支付)」の利用契約を締結し、1月27日より、日本交通が東京23区、武蔵野市、三鷹市で運行するタクシー全車両約3500台に設置するデジタルサイネージ端末でWeChat Payの取り扱いを開始する。

ジャパンタクシーでは、フリークアウト・ホールディングスと2016年6月に設立した合弁会社IRISにてIoT型デジタルサイネージ「TokyoPrime」端末を開発し、都心を走行する日本交通のタクシー車両(助手席後部)へ設置。乗客の性別、エリア、時間帯などによって表示する広告の絞り込みが可能な動画・静止画の広告を配信している。今回、同端末にて、WeChatPayを利用したタクシー乗車料金の支払が可能となる。

具体的には、タクシー料金支払時に、端末に支払金額と決済方法の選択画面を表示。WeChatPayを選択すると表示されるQRコード読み取り画面にて、乗客が表示するWeChatPayコードを読み取ることで、支払が完了する。ジャパンタクシーでは、増加する訪日観光中国人客やビジネス客にタクシーをより快適に利用してもらうため、今後も東京都心のタクシーを中心にIoT型デジタルサイネージ端末の展開を進めていく。

一方、新生銀行グループでは、アプラスを事業主体として、Tencentグループの財付通支付科技(Tenpay)が提供する中国人向けモバイル決済サービスWeChat Payについて、Tenpayとの日本での決済代行サービスの提供合意に基づき、国内のWeChat Pay利用店舗の開拓と利用店舗網の構築に取り組んでいる。これまで、総合免税店を展開するラオックスやイオングループで総合スーパー事業を展開するイオンリテール、沖縄県でデパートやスーパーマーケットなどを展開するリウボウグループなどで導入が始まっている。

日本交通のタクシー、中国人向け決済サービス「WeChat Pay」の取扱開始…東京

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

    「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  2. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  5. エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

  6. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  7. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  8. 都市型ホテル「東急ステイ」全国展開へ、地方へのインバウンドに対応

  9. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  10. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

アクセスランキングをもっと見る

page top