ヤマト、タイで宅急便を開始。年内には110カ所に拡大する計画 画像 ヤマト、タイで宅急便を開始。年内には110カ所に拡大する計画

海外進出

【タイ】ヤマトホールディングスは30日、タイの合弁会社SCGヤマト・エクスプレスが3日からタイで宅急便サービスを開始したと発表した。

 バンコク都と周辺のサムットプラカン県、ノンタブリ県、パトゥムタニ県で、宅急便、クール宅急便(冷蔵、冷凍)、宅急便コレクト(代金引換)、書類輸送などのサービスを提供する。荷物の受付は当初、バンコク都バンスー区の拠点でのみ対応するが、2017年中に110カ所に拡大する計画だ。

 SCGヤマト・エクスプレスは資本金6億3300万バーツで、ヤマトホールディングスの東南アジア地域統括会社ヤマトアジア(シンガポール)が35%、タイ王室系複合企業サイアム・セメント・グループ(SCG)が65%出資した。

ヤマト、タイで宅急便開始

《newsclip》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. シンガポール、香港、台湾で農林中金が農産物輸出支援を強化、見本市出展など計画

    シンガポール、香港、台湾で農林中金が農産物輸出支援を強化、見本市出展など計画

  2. ウラタなど日本のデベロッパー、プノンペンに大規模複合ビル

    ウラタなど日本のデベロッパー、プノンペンに大規模複合ビル

  3. DIC、マレーシアにコンパウンド製品の技術センター開設

    DIC、マレーシアにコンパウンド製品の技術センター開設

  4. 西松建設、ラオスでレンタル工場の運営開始/日系中小企業専用経済特区の工業団地で

  5. グローバル流通が不可欠、これからの自動車リサイクル/会宝産業、近藤会長

  6. 眼鏡販売のオンデーズ、インドネシア進出/5年で100店舗目標

  7. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  8. 日比国交正常化60周年、深まるインフラ整備分野での協力関係

  9. 大和ハウスと大成建設、ベトナムで総事業費約100億円の初弾!

  10. 三重県、北米市場進出を考える県内企業向けセミナー開催 10月6日

アクセスランキングをもっと見る

page top