都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ 画像 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

インバウンド・地域活性

 東京都は1月31日、東京・北青山にある都有地などを開発する「北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト」(対象地区面積5・8ヘクタール)のうち、民間活力を導入する開発区域(0・8ヘクタール)の事業予定者に、東京建物を代表企業とする計6社グループ「チーム青山共創」を選定したと発表した。都が別途進める都営住宅建て替えと連動し、居住施設や店舗などが入る延べ3万5737平方メートルの複合施設を建設する。
 チーム青山共創の構成員は▽東京建物▽三井不動産▽三井不動産レジデンシャル▽鹿島▽前田建設▽東京建物シニアライフサポート-の計6社。5月に基本協定、18年3月に定期借地権設定契約を結ぶ。建築工事の工期は同3月から20年5月までを想定している。
 計画地は港区北青山3の227の1ほか。定期借地の期間は70年。
 チーム青山共創は、賃貸住宅(232戸)やサービス付き高齢者向け住宅(サ高住、49戸)、認可保育所、店舗、地域交流施設などで構成する地下1階地上25階建て延べ3万5737平方メートル(高さ90メートル)の高層ビルを建設する計画を提案し、採用された。地震などの災害発生時に地域の防災拠点となる広場も設ける。事業予定者はエリアマネジメントの推進にも取り組む。
 北青山三丁目プロジェクトでは対象区域を三つに分け、都営住宅建て替えに1ヘクタール、今回の民活事業に0・8ヘクタール、沿道一体型開発検討区域に1・8ヘクタールをそれぞれ充てる。都営住宅建て替えの建築工事の施工者は長谷工コーポレーション・株木建設・石川建設・武家田建設JVに決まっている。工期は19年8月30日まで。21年度以降、残りの沿道一体型開発検討区域でオフィス、商業、文化・教育などの機能を備えた施設整備に着手する。

東京都/北青山三丁目民活区域開発事業(港区)/事業予定者に東京建物ら6社グループ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 「大阪港開港150年」夢洲コンテナターミナル岸壁全延長供用式典開く

    「大阪港開港150年」夢洲コンテナターミナル岸壁全延長供用式典開く

  4. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  5. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  6. 殿町「羽田連絡道路」が起工、国際競争力の強化に期待

  7. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  8. 羽田空港跡地開発、「にほん文化体験館」などインバウンド/地方創生拠点も

  9. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  10. 漁師塾、6次化強化、たまコロ、林業で養鰻/みらい基金採択事業報告

アクセスランキングをもっと見る

page top