~越境ECを地方から:1~最小の資金&手間で、作務衣を世界へ 画像 ~越境ECを地方から:1~最小の資金&手間で、作務衣を世界へ

海外進出

【記事のポイント】
▼国内向けのECサイトを足掛かりに、スモールスタートに挑戦
▼その国で利用頻度の高い支払環境への対応が、購買のハードルを下げる
▼資金調達からPRまで、越境ECに利用できる公的支援は多い


■国内でのEC展開が越境ECの足がかりに

 中国の通貨政策が爆買い市場に影響を与えているという話を聞くが、高品質な家電製品や日本カルチャーに根差した商品の人気が衰えたわけではない。このようなニーズに対して、国境を越えてネット上でビジネスを行う、いわゆる越境ECが新しい販路、チャネルとして中小企業から注目を集めている。しかし、いざ始めるとなるとどこから始めていいのか、どんな方法があるのか、自治体など行政の支援はあるのかなど、気になる点は多いだろう。

 越境ECを始めるにあたって参考になりそうなのが、作務衣や甚平など和装衣料の製造・販売を手掛ける群馬県桐生市の「伊田繊維」だ。海外のECサイトを利用して、北米、シンガポール、ヨーロッパへと販路を広げようと、現在その準備を行っている同社に、越境ECの戦略について話を伺った。

 店舗運営責任者の伊田将晴氏によると、伊田繊維では5年ほど前から、楽天市場など国内にあるECサイトに出店していた。この際に、海外からの注文を受けられるように設定はしたものの、「当初は海外通販、越境ECについて特別に意識することはなかった」という。

 しかし、いざ出店してみると、次第に海外からの注文が入ってくる。国内の店舗でも、外国人旅行者が同社の作務衣をお土産に買っていくという話も耳にするようになった。やがて、海外のバイヤーなどからも問い合わせが入り、パリには伊田繊維の商品を取り扱うショップも現れた。

 伊田氏の中には漠然とではあるが、着物とは違う甚平や作務衣という日本文化を海外に広められたらという想いがあったため、「デマンドがあるなら海外市場は大きいので参入の意義はある」と考えるようになったという。

《中尾真二/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  2. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

    アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  3. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  4. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  5. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  6. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  7. ミャンマーでもLINEが使える――政府郵電公社と提携、サービス開始

  8. 日本の「質の高い」インフラ輸出、ウガンダ・ザンビアと定期官民対話へ

  9. 米国市場でのHV車販売、プリウス が13万台で首位も前年比は26%減

  10. JAグループやジェトロ、農林水産物・食品の輸出拡大へ15団体協定

アクセスランキングをもっと見る

page top