羽田連絡橋・新規整備へ。国家戦略特区プロジェクトの一環 画像 羽田連絡橋・新規整備へ。国家戦略特区プロジェクトの一環

制度・ビジネスチャンス

 川崎市と東京都は24日、多摩川を挟んで向かい合う川崎市の殿町地区と東京都大田区の羽田空港旧国際線跡地地区とを結ぶ連絡橋の新規整備に関する都市計画上の事業認可を、神奈川県と国土交通省からそれぞれ取得した。連絡橋は延長840メートル(川崎市側560メートル、東京都側280メートル)、概算事業費は300億円。川崎市が工事施工者となり建設工事を近く発注する。20年度の事業完了を目指す。
 連絡橋は川崎市川崎区殿町3から大田区羽田空港2に至る片側1車線(幅員17・3メートル)の路線。車道部の幅員は7・5メートル、歩道・自転車道部は片側4・9メートルを想定している。工事発注は川崎市が単独で行うが、橋梁部の事業費(260億円)は都と市が半分ずつ負担する。
 国家戦略特区のプロジェクトの一環で、大田区側で計画中の空港跡地の開発、川崎市側で進むライフサイエンス分野の企業・研究機関の集積などを連携させる基幹インフラとしての役割が期待されている。
 国交省は連絡橋の整備に合わせ、大田区側の都道環状8号の一部(延長530メートル)を立体化する道路改築も別途進める計画だ。連絡橋と交差する環状8号を立体化することで、羽田空港側と川崎市側との往来をより円滑にする。連絡橋と同じ20年度の完成を想定している。

川崎市、東京都/羽田連絡橋整備/神奈川県と国交省から事業認可取得、近く工事発注へ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 好景気でも不景気でも、会社は赤字を出してはいけない

    好景気でも不景気でも、会社は赤字を出してはいけない

  2. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

    国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  3. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

    四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  4. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  5. 業績を上げたいのなら、まずは会計のしくみから作れ!

  6. どうなる?環状第2号線/豊洲移転・築地再開発への疑問やまず

  7. リニア新幹線・第一中京圏トンネル新設西尾工区、競争見積もり手続きを公告

  8. 農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/後編

  9. かき氷商戦が熱い!? 果実100%のシロップ好評、大手外食チェーンも参入

  10. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

アクセスランキングをもっと見る

page top