羽田連絡橋・新規整備へ。国家戦略特区プロジェクトの一環 画像 羽田連絡橋・新規整備へ。国家戦略特区プロジェクトの一環

制度・ビジネスチャンス

 川崎市と東京都は24日、多摩川を挟んで向かい合う川崎市の殿町地区と東京都大田区の羽田空港旧国際線跡地地区とを結ぶ連絡橋の新規整備に関する都市計画上の事業認可を、神奈川県と国土交通省からそれぞれ取得した。連絡橋は延長840メートル(川崎市側560メートル、東京都側280メートル)、概算事業費は300億円。川崎市が工事施工者となり建設工事を近く発注する。20年度の事業完了を目指す。
 連絡橋は川崎市川崎区殿町3から大田区羽田空港2に至る片側1車線(幅員17・3メートル)の路線。車道部の幅員は7・5メートル、歩道・自転車道部は片側4・9メートルを想定している。工事発注は川崎市が単独で行うが、橋梁部の事業費(260億円)は都と市が半分ずつ負担する。
 国家戦略特区のプロジェクトの一環で、大田区側で計画中の空港跡地の開発、川崎市側で進むライフサイエンス分野の企業・研究機関の集積などを連携させる基幹インフラとしての役割が期待されている。
 国交省は連絡橋の整備に合わせ、大田区側の都道環状8号の一部(延長530メートル)を立体化する道路改築も別途進める計画だ。連絡橋と交差する環状8号を立体化することで、羽田空港側と川崎市側との往来をより円滑にする。連絡橋と同じ20年度の完成を想定している。

川崎市、東京都/羽田連絡橋整備/神奈川県と国交省から事業認可取得、近く工事発注へ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. 【外国人技能実習生:3】中国とベトナムの実習生最新事情

    【外国人技能実習生:3】中国とベトナムの実習生最新事情

  3. 「鳥取砂丘らっきょう」と「江戸崎かぼちゃ」、共通点は?

    「鳥取砂丘らっきょう」と「江戸崎かぼちゃ」、共通点は?

  4. 六角形段ボールで資材費減! 隙間を省くほかPRスペースも拡大

  5. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  6. 国交省が交通誘導警備員を直接工事費に。実績とかい離、計上方法見直し

  7. 【倒産情報】鮮魚・水産物販売の「最上グループ」倒産――負債総額38億以上

  8. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  9. 環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

  10. 宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

アクセスランキングをもっと見る

page top