関西空港で新ターミナルが竣工。国内初の「ウォークスルー型」の大型免税店も 画像 関西空港で新ターミナルが竣工。国内初の「ウォークスルー型」の大型免税店も

制度・ビジネスチャンス

 関西国際空港にLCC(格安航空会社)国際線専用の新施設「第2ターミナルビル(国際線)」が28日に開業するのを前に、同空港を運営する関西エアポートは18日、2期島の新ターミナルで竣工式と安全祈願式を開いた。LCCの乗り入れ増加に伴い、12年10月にオープンした第2ターミナルを拡張する形で国際線専用のターミナルビルを増設した。ピーチ・アビエーションと春秋航空が利用する。設計・施工は熊谷組が担当した。
 既存ビル北側にターミナル棟とチェックイン棟、コンコース棟を新築し、既存部分を国内線、拡張部分を国際線として運用。新ターミナルビルの延べ床面積は約3万6000平方メートルで既存ビルを合わせると約6万6000平方メートルに拡大。搭乗ゲートは10ゲートから21に増える。第2ターミナル全体の年間旅客数は国内線550万人、国際線285万人を見込む。春秋航空は3月から利用を始める。
 商業エリアには店舗同士の仕切りをなくした「ウォークスルー型」の大型免税店を日本の空港で初めて設置。保安検査場には最新機器を導入したスマートセキュリティーを採用し、待ち時間を大幅に短縮する。これら施設などの導入に当たっては、関西エアポートに出資するヴァンシ・エアポートのノウハウと経験を活用したという。
 午前10時に始まった式には、関西エアポートの山谷佳之社長やエマヌエル・ムノント副社長ら関係者約40人が出席。神職による祝詞奏上や清はらいに続き、山谷社長らが神前に玉串をおさめ、工事の無事完成を祝うとともに、新ターミナルビルの安全な運用を祈願した。
 山谷社長は「より多くの人に利用してもらい、末永く商売を繁盛させたい。大切に使いたい」と話し、ムノント副社長は「第2ターミナルは旅客に選ばれる関西のゲートウエーになり、関西経済全体の活性化に貢献する」と述べた。熊谷組の樋口靖社長は「無事故無災害で竣工できた。多くの人に喜んで使ってもらいたい」と感謝の言葉を述べた。
 式の後、報道陣に国際線の内部やゲートなどを公開した。

関西エアポート/関西空港新ターミナル(大阪府泉佐野市)が竣工/設計・施工は熊谷組

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  2. 新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

    新大阪駅地下に山陽、九州新幹線ホーム新設検討/容量不足に備える

  3. 築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

    築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

  4. 東京23区内の大規模建築計画、過去5年で最低水準/五輪前の着工ラッシュが終了

  5. 神奈川県「CHO構想推進事業所」と、「企業対抗ウォーキングイベント」参加企業を募集!

  6. 「朝はパン」を選んだのはどの世代?

  7. ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.1

  8. 2016年の休廃業・解散企業、過去最高の2万9583件。倒産の3.5倍

  9. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  10. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

アクセスランキングをもっと見る

page top