中小航空会社の遅延率0.68ポイント悪化、欠航率はほぼ横ばい。2016年4~9月期 画像 中小航空会社の遅延率0.68ポイント悪化、欠航率はほぼ横ばい。2016年4~9月期

制度・ビジネスチャンス

国土交通省は、2016年度上期(4~9月期)中小の日系航空会社の航空輸送サービス実績を発表した。

中小航空会社9社の2016年度上期の合計遅延率(出発予定時刻より15分超えて出発した便の割合)は前年同期と比べて0.68ポイントアップして8.42%と悪化した。

最も遅延率が高かったのは天草エアラインで14.0%だった。次いで日本エアコミューター、アイベックスエアラインズ、新中央航空と続く。

欠航率は0.01ポイントアップして3.84%だった。最も欠航率が高かったのは東邦航空、次いで新中央航空、天草エアラインと続く。

輸送実績では、輸送人員が前年同期比0.2%増の173万7950人、旅客収入が同0.7%増の236億7200万円だった。輸送人員あたりの旅客収入は同0.7%増の1万3600円。

中小航空会社の遅延率0.68ポイント悪化、欠航率はほぼ横ばい 2016年4~9月期

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

    学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

  2. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

    筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  3. 新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

    新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

  4. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

  5. 東京都、豊洲移転・築地再開発で影響配慮に腐心/近隣施設で事業者撤退の恐れ

  6. 「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(後編)

  7. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  8. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

  9. 羽田連絡橋・新規整備へ。国家戦略特区プロジェクトの一環

  10. 国交省が道路橋技術基準改定へ。耐久目標100年規定、長寿命化へ部分係数法を導入

アクセスランキングをもっと見る

page top