中小航空会社の遅延率0.68ポイント悪化、欠航率はほぼ横ばい。2016年4~9月期 画像 中小航空会社の遅延率0.68ポイント悪化、欠航率はほぼ横ばい。2016年4~9月期

制度・ビジネスチャンス

国土交通省は、2016年度上期(4~9月期)中小の日系航空会社の航空輸送サービス実績を発表した。

中小航空会社9社の2016年度上期の合計遅延率(出発予定時刻より15分超えて出発した便の割合)は前年同期と比べて0.68ポイントアップして8.42%と悪化した。

最も遅延率が高かったのは天草エアラインで14.0%だった。次いで日本エアコミューター、アイベックスエアラインズ、新中央航空と続く。

欠航率は0.01ポイントアップして3.84%だった。最も欠航率が高かったのは東邦航空、次いで新中央航空、天草エアラインと続く。

輸送実績では、輸送人員が前年同期比0.2%増の173万7950人、旅客収入が同0.7%増の236億7200万円だった。輸送人員あたりの旅客収入は同0.7%増の1万3600円。

中小航空会社の遅延率0.68ポイント悪化、欠航率はほぼ横ばい 2016年4~9月期

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 国産小麦が用途を拡大、麺用→菓子向けにして成功!

    国産小麦が用途を拡大、麺用→菓子向けにして成功!

  2. 【田舎にもっと外貨を!:3】古民家再生はCOOL!

    【田舎にもっと外貨を!:3】古民家再生はCOOL!

  3. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  4. ~あたらしい訪問型ビジネス:2~美容サロンが育児ママを救う!

  5. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  6. 新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

  7. 国交省が交通誘導警備員を直接工事費に。実績とかい離、計上方法見直し

  8. 群馬県川場村の木質バイオマス発電施設完成、地域資源で地場産業創出

  9. 主要ゼネコン26社の16年4~9月期決算、7割近くが粗利益率10%台

  10. 若者の米離れ、週1回以上は21%、「食べない」は何%?

アクセスランキングをもっと見る

page top