~社歌コン 応募社の横顔:14~社員に感謝の心を伝える歌-群馬の研削加工 画像 ~社歌コン 応募社の横顔:14~社員に感謝の心を伝える歌-群馬の研削加工

人材

 HANJO HANJOでは社内のコミュニケーションを盛り上げるものとして、社歌に注目してきました。日本一の社歌動画を決める「中小企業 社歌コンテスト」では、企業の想いが詰まった社歌が主役の動画が多数集まりました。応募していただいた会社の制作にいたる物語を紹介します。

*応募&投票期間は終了しました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

■ともに歩いてきてくれた社員に“感謝”を

 群馬県で研磨加工を手掛ける株式会社アミイダでは、2012年に創業社長の阿久戸忠雄さんが他界しました。後を継いだのは、当時専務だった息子の阿久戸洋希さん。病床の忠雄さんに呼ばれ、「これからはお前たち3人の時代だ」と声をかけられた専務の阿久戸英男さん、工場長の小澤昌之さんとともに、会社を今日まで引っ張ってきました。その中で生まれたのが、従業員やその家族への感謝だったといいます。

「会社を継いだころは、『親父の人徳があったからこそ、皆が働いてくれていたのではないか?』と心配に思う日もありました。経営者として何の経験も信用もないところから始めて、ここまでついてきてくれた従業員や顧客の皆さんには、本当に感謝してもしきれません」

 その気持ちはもちろん普段から「ありがとう」や、「助かっているよ」といった言葉でも表わしていました。でも、それ以上にこの気持ちを何かの形にして伝えられないかと考えたときに、思い浮かんだのがメッセージソングだったといいます。これを40周年の創立記念日に合わせて、従業員のみんなに贈るのはどうだろう? その想いは洋希さんの中で、徐々に強くなっていきます。

 やがて、“ぐんまーソングライター”として群馬のPRソングなどを手掛けるyoshimiさんとの出会いをきっかけに、プロジェクトは本格的に動き出します。英男さん、昌之さんの2人もこの話を聞くと、「ぜひ一緒にやろう」と声をかけてきました。そのため、歌が完成してからは、3人でよく工場を抜け出して、歌の練習をしていたそうです。

■経営陣が大切にしてきた想いを歌詞に込める

 yoshimiさんとの打ち合わせを繰り返す中で、洋希さんが彼女に伝えたのはアミイダが目指す“家族型企業”というカタチでした。社員全員が幸せな会社でありたい。互いにいがみ合うことなく、家族のように楽しく生きていきたい。それは会社が公開している経営方針にも表れています。

 アミイダの経営方針ではまず最初に社員の満足、顧客の満足、会社の満足を3つの満足とし、それを前から順番に満たしていくことを挙げています。従業員が満足して初めて顧客満足度のある仕事ができ、結果として会社に利益が巡ってくるという考えを、経営陣は今までずっと大切にしてきました。

 そんな、洋希さんの想いがこもった歌詞には、従業員への感謝があふれています。

――ありがとうありがとう今ここにいるあなたへ
誰よりも頑張る姿知っているよ
いつまでもいつまでも居場所はココにあるから――

 2017年1月14日、アミイダの創立記念イベントが開催されました。会場で流れた動画には、洋希さん、英男さん、昌之さんの3人が歌う姿、そして今日までの会社の歩みが写真とともに映し出されます。その反応はさまざまなものでした。社長が歌っている姿に驚き笑う姿もあれば、感極まって泣いてしまう人もいたそうです。

 「この会社に入ってよかったと本気で思います」。そんな従業員の一言に、感謝の思いは伝わっていたのだと、洋希さんは胸をなでおろします。社員ファーストの経営を続けてきた努力は、その日、ひとつの実を結びました。


width=


★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. カリスマ社長の奥様、会ってみたいその魅力!/Vol.1嶋田奈生子さん(東京 島田商店)

    カリスマ社長の奥様、会ってみたいその魅力!/Vol.1嶋田奈生子さん(東京 島田商店)

  2. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

    旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

  3. 国交省/民間工事の働き方改革、不動産・住宅分野でも議論開始/週休2日実現へ

    国交省/民間工事の働き方改革、不動産・住宅分野でも議論開始/週休2日実現へ

  4. 五洋建設、4週8休モデル現場試行開始/1日1時間の時間外労働削減も推進

  5. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  6. 事業承継の2017年問題:3 50代のうちに考えておかないと間に合わない

  7. 事業承継の2017年問題:1  M&A成功のポイントはどこにある?

  8. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  9. 「中小企業の《経営論》」第6回:辞めて行く社員に向き合うこれからの形

  10. 看護職の魅力伝える 看護師が高校で出前授業

アクセスランキングをもっと見る

page top