音声認識で議事録作成。作業時間半減!建設・不動産業界向け 画像 音声認識で議事録作成。作業時間半減!建設・不動産業界向け

IT業務効率

 アドバンスト・メディア(東京都豊島区、鈴木清幸社長)は、建設・不動産業界向けに音声認識議事録作成プラットフォームサービスを2月1日に開始する。音声認識技術を使い、建設現場などの関係者が行う会議での発言を自動的に文字化して記録に残す新サービスで、文字起こしを手作業で進める従来の議事録作成と比べ作業時間を最大55%削減できるという。3年で100社との使用契約を目指す。
 新サービスは「AmiVoiceスーパーミーティングメモ」。スマートフォンまたはiPadと簡易マイクから会議や打ち合わせに参加する出席者の発言を拾い集め、クラウド(音声認識処理、音声保存、議事録編集ウェブアプリケーション)を介して自動的にパソコン上にテキスト(ワード形式)として表示する。
 参加者があらかじめ配布されたIDとパスワードを使ってスマートフォンまたはiPadからサービスの使用を開始すると、参加予定の会議が画面上に表示され、参加ボタンを押すと音声認識がスタート。IDとパスワードから発言者を特定する。会議終了後は退席ボタンを押して終了する。
 建設・不動産業界の専門用語が入った「大語彙(ごい)エンジン」(数十万語彙)を搭載しているため、発言を正しく文字に変換できる。語彙の変換ミスはパソコン上の編集作業で迅速に行える。重要発言のチェックやマーキング、各出席者の発言だけを聞き取る音声再生ボタン、キーワード検索による発言の絞り込みの機能も備える。会議で使われた写真や資料の添付も可能という。音響設備を新設する必要がなく、短期間・低コストで導入できる。
 初期費用は29万8000円(税抜き)で、月額費用は従量課金制(月額基本料2万9800円と、会議録音時間1分ごとに20円)。3月末までキャンペーン価格として初期費用9万8000円で提供する。

アドバンスト・メディア/音声認識で議事録作成/作業時間半減、2月からサービス提供

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

    首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

  2. ドコモのキャッシュレス決済サービス「d払い」が4月に始まる!

    ドコモのキャッシュレス決済サービス「d払い」が4月に始まる!

  3. 路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

    路面下の劣化箇所、時速80キロ走行で3D情報を収集!

  4. 山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

  5. 国産LinuxがMicrosoft Azureの認証テストをクリア……ミラクル・リナックス

  6. 首都高速会社が自動運転支援で異業種連携。3Dデータ×GISでインフラを点検

  7. 建設会社がノウハウ生かしてウニ養殖へ!

アクセスランキングをもっと見る

page top