昨年の中古車登録台数、0.8%増で4年ぶりプラス 画像 昨年の中古車登録台数、0.8%増で4年ぶりプラス

制度・ビジネスチャンス

日本自動車販売協会連合会は1月17日、2016年12月および2016年(1-12月)の中古車登録台数を発表した。

●1.8%増の30万2988台で2か月連続プラス 12月

12月の中古車登録台数は、前年同月比1.8%増の30万2988台と、2か月連続で前年同月を上回った。

車種別では乗用車が同2.0%増の26万4312台。このうち、普通乗用車が同5.6%増の14万1669台、小型乗用車が同1.8%減の12万2643台だった。

貨物車は同0.1%減の3万1398台。このうち普通貨物車が同0.1%減の1万3651台、小型貨物車が同6台減の1万7747台だった。

バスは同6.5%減の974台、その他は同1.3%増の6304台だった。

●0.8%増の376万2654台で4年ぶりプラス 2016年

2016年(1-12月)の中古車登録台数は、前年比0.8%増の376万2654台で4年ぶりのプラスとなった。

車種別では、乗用車が同0.7%増の329万4176台。このうち、普通乗用車が同3.6%増の172万9194台、小型乗用車が同2.4%減の156万4982台だった。

貨物車は同1.5%増の37万9261台。このうち、普通貨物車が同0.3%減の16万1717台、小型貨物車が同2.9%増の21万7544台だった。

バスは同0.2%増の1万3204台、その他が同2.4%増の7万6013台だった。

中古車登録台数、0.8%増の376万2654台で4年ぶりプラス 2016年

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

    四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  3. ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

    ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

  4. 主要ゼネコン26社4~6月期決算/受注高は15社増加、手持ち工事消化を優先

  5. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  6. 地方の工事減少深刻-10年で出来高4割減も、東京一極集中が強まる

  7. 厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

  8. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  9. 国交省が総価契約単価合意で新方式。追加分だけ新落札率で、4月公告分から適用

  10. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

アクセスランキングをもっと見る

page top