昨年の中古車登録台数、0.8%増で4年ぶりプラス 画像 昨年の中古車登録台数、0.8%増で4年ぶりプラス

制度・ビジネスチャンス

日本自動車販売協会連合会は1月17日、2016年12月および2016年(1-12月)の中古車登録台数を発表した。

●1.8%増の30万2988台で2か月連続プラス 12月

12月の中古車登録台数は、前年同月比1.8%増の30万2988台と、2か月連続で前年同月を上回った。

車種別では乗用車が同2.0%増の26万4312台。このうち、普通乗用車が同5.6%増の14万1669台、小型乗用車が同1.8%減の12万2643台だった。

貨物車は同0.1%減の3万1398台。このうち普通貨物車が同0.1%減の1万3651台、小型貨物車が同6台減の1万7747台だった。

バスは同6.5%減の974台、その他は同1.3%増の6304台だった。

●0.8%増の376万2654台で4年ぶりプラス 2016年

2016年(1-12月)の中古車登録台数は、前年比0.8%増の376万2654台で4年ぶりのプラスとなった。

車種別では、乗用車が同0.7%増の329万4176台。このうち、普通乗用車が同3.6%増の172万9194台、小型乗用車が同2.4%減の156万4982台だった。

貨物車は同1.5%増の37万9261台。このうち、普通貨物車が同0.3%減の16万1717台、小型貨物車が同2.9%増の21万7544台だった。

バスは同0.2%増の1万3204台、その他が同2.4%増の7万6013台だった。

中古車登録台数、0.8%増の376万2654台で4年ぶりプラス 2016年

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 政府、東京五輪後の景気対策、インフラ整備など大規模プロジェクトに重点

    政府、東京五輪後の景気対策、インフラ整備など大規模プロジェクトに重点

  2. ライドシェア解禁は「極めて慎重な検討が必要」/国土交通白書

    ライドシェア解禁は「極めて慎重な検討が必要」/国土交通白書

  3. ゼネコン大手26社/17年4~12月期決算/民需足場に14社が受注増

    ゼネコン大手26社/17年4~12月期決算/民需足場に14社が受注増

  4. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

  5. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  6. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

  7. 国交省、登録基幹技能者33資格を主任技術者要件に認定

  8. 朝ドラ「わろてんか」に“働き方改革”の原点を見出す

  9. メルカリ、自転車シェアリングサービス「メルチャリ」を開始へ

  10. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

アクセスランキングをもっと見る

page top