ドイツのボッシュ、IoTの可能性を紹介する新サイトを立ち上げ 画像 ドイツのボッシュ、IoTの可能性を紹介する新サイトを立ち上げ

IT業務効率

ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ボッシュは1月上旬、IoT(モノのインターネット化)の可能性を紹介した新サイト、「Connected World」を立ち上げた。

新サイトのプラットフォームをデザインするに当たって、とくに注意が払われたのは、コンテンツマーケティング戦略。ボッシュのIoTワールドにユーザーを惹き付けるために、ストーリーテリングの手法を採用する一方、グループの多彩な製品とサービスのポートフォリオの紹介にも力を注ぐ。

コンテンツマーケティングはまた、製品への道をよりダイレクトなものにする。顧客は、ボッシュに直接コンタクトすることが可能。ボッシュは、すべての製品カタログをこのサイトのコンテンツハブにリンク。ビジターと潜在的な顧客はIoTのストーリーから、提供中の製品とサービスに至るあらゆる情報に、ほんの数クリックでアクセスできるようになる。

また、このサイトをFacebookやTwitterのソーシャルネットワークと連携させ、ディスカッションや投稿の場として、盛り上げていく方針。

ボッシュの企業広報担当、Christoph Zemelka責任者は、「ボッシュはIoTのすべてを紹介する目的で、魅力的なコンテンツハブのConnected Worldプラットフォームを開設した。訪れた人は、説明を読み、楽しみ、ボッシュ製品のカタログのすべてにアクセスできる」と述べている。

ボッシュ、新サイトを立ち上げ…IoTの可能性を紹介

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

    沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  2. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  3. 【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

    【スマート林業:1】最先端テクノロジーで未来志向へ

  4. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  5. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  6. 【AIで変わる経営:2】明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

  7. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  8. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  9. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  10. 【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

アクセスランキングをもっと見る

page top