今冬の最強寒波、除雪作業で地域建設業者活躍! 画像 今冬の最強寒波、除雪作業で地域建設業者活躍!

制度・ビジネスチャンス

 先週から今冬最強の寒波が襲来し、北日本や日本海側の各地で全国建設業協会(全建)や全国中小建設業協会(全中建)の会員企業など地域建設業者による除雪作業が続いている。
 積雪地域の建設会社にとっては例年通り。新潟県魚沼市は積雪が一気に増えたが、全建傘下の新潟県建設業協会魚沼支部の担当者は「まとまって降ったのは今冬初めて。ただ何度も経験しており、今のところは通常の対応」と落ち着いた様子。各地ではパトロール活動も行われ、群馬県建設業協会はドローン(小型無人機)で撮影した動画による状況報告を試行した。
 雪が少なかった地域には今冬最初の除雪となったところもある。その一つ富山県建設業協会のある会員企業は、市の要請で15日朝から作業に当たっている。担当者は「昼夜とも時間当たりの除雪費が昨冬に比べて10%上がった」という。単価の改善を求める声は多く、朗報になりそうだ。
 33年ぶりに積雪が19センチを超えた地域もある広島では、全中建広島支部所属の社が県北部で車両が動けなくなった道路の安全確保や除雪を行っている。

今冬最強寒波-各地で除雪作業本格化/地域建設業者活躍、単価10%改善の動きも

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

    ~あたらしい訪問型ビジネス:1~老人ホームが薬局の“顧客”になる日

  2. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  3. ~規制緩和が生む新観光業:3~高単価ガイドツアーが売れる理由

    ~規制緩和が生む新観光業:3~高単価ガイドツアーが売れる理由

  4. ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

  5. 桜美林学園、町田市に新キャンパス整備/土地は市から50年間の借り受け

  6. ~健康経営が生む新ビジネス:3~オフィス訪問の野菜販売が好調!

  7. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  8. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  9. ナショナルトレセン拡充棟建設へ、東京五輪を目指すトップ選手の強化拠点に

  10. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

アクセスランキングをもっと見る

page top