建設業、堅調。16年の建設業倒産は4.8%減、8年連続マイナス 画像 建設業、堅調。16年の建設業倒産は4.8%減、8年連続マイナス

制度・ビジネスチャンス

 東京商工リサーチがまとめた2016年(1~12月)の建設業の倒産(負債1000面円以上の企業倒産)は前年比4・8%減の1605件と8年連続で前年を下回り、1990年(1469件)以来の低水準になった。負債総額は1776億9900万円(前年比・8・1%減)と3年連続マイナス。平均負債額は1億1000万円(3・5%減)と過去20年間で最少となり、小規模倒産が目立った。
 同社は、中小企業に対する金融機関の返済猶予に加え、堅調な公共工事や企業の設備投資が倒産減少の背景と分析。当面、急増要因は見当たらないものの、最近の急激な円安進行が建築資材に波及して工事コストが上昇する懸念もあるとして、今後の経営環境の変動には注意が必要と指摘している。
 業種別の倒産件数は、総合工事業784件(0・3%減)、職別工事業494件(8・5%減)、設備工事業327件(8・9%減)。原因別では、受注不振(販売不振)が979件(4・4%減)と全体の6割を占めたほか、既往のしわ寄せが353件(5・3%減)、運転資金の欠乏が95件(9・1%増)、事業上の失敗が67件(39・5%増)などが続いた。
 帝国データバンクが発表した16年の建設業の倒産は1594件(1・1%減)だった。

16年の建設業倒産/4・8%減1605件、8年連続マイナス/東京商工リサーチ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

    日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  3. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

    国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  4. 新さっぽろ駅周辺地区開発、大学・ホテル・医療施設も

  5. 国交省、旧38条認定建物の増改築規制緩和、大掛かりな工事不要に

  6. 【海外進出を支援する:4】商品力×補助金がうんだ世界人脈

  7. 愛知県・廃止の新交通システム桃花台線、高架構造物撤去を開始

  8. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  9. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  10. 「建設産業政策2017+10」着々と具体化、10年後の建設業はどう変わる?

アクセスランキングをもっと見る

page top