建設業、堅調。16年の建設業倒産は4.8%減、8年連続マイナス 画像 建設業、堅調。16年の建設業倒産は4.8%減、8年連続マイナス

制度・ビジネスチャンス

 東京商工リサーチがまとめた2016年(1~12月)の建設業の倒産(負債1000面円以上の企業倒産)は前年比4・8%減の1605件と8年連続で前年を下回り、1990年(1469件)以来の低水準になった。負債総額は1776億9900万円(前年比・8・1%減)と3年連続マイナス。平均負債額は1億1000万円(3・5%減)と過去20年間で最少となり、小規模倒産が目立った。
 同社は、中小企業に対する金融機関の返済猶予に加え、堅調な公共工事や企業の設備投資が倒産減少の背景と分析。当面、急増要因は見当たらないものの、最近の急激な円安進行が建築資材に波及して工事コストが上昇する懸念もあるとして、今後の経営環境の変動には注意が必要と指摘している。
 業種別の倒産件数は、総合工事業784件(0・3%減)、職別工事業494件(8・5%減)、設備工事業327件(8・9%減)。原因別では、受注不振(販売不振)が979件(4・4%減)と全体の6割を占めたほか、既往のしわ寄せが353件(5・3%減)、運転資金の欠乏が95件(9・1%増)、事業上の失敗が67件(39・5%増)などが続いた。
 帝国データバンクが発表した16年の建設業の倒産は1594件(1・1%減)だった。

16年の建設業倒産/4・8%減1605件、8年連続マイナス/東京商工リサーチ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(後編)

    「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(後編)

  2. 成功する新業態:03|建物価格1億円以上の「社長の邸宅」/フリーダムアーキテクツデザイン

    成功する新業態:03|建物価格1億円以上の「社長の邸宅」/フリーダムアーキテクツデザイン

  3. 【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

    【対談】TPPで変わる著作権、アニメや漫画の現場はどう変わる?

  4. 建機大手4社の16年4~9月期決算、全社が減収・営業減益

  5. サドルかけるだけの駐輪スタンド、“ロード”利用者受け入れにも

  6. ~外国人技能実習生:2~人手不足、海外進出の突破口になるか?

  7. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  8. 新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

  9. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  10. 住友林業が都市部の木質ビルで攻勢。中高層に照準、受注高100億円を目標

アクセスランキングをもっと見る

page top