建設業、堅調。16年の建設業倒産は4.8%減、8年連続マイナス 画像 建設業、堅調。16年の建設業倒産は4.8%減、8年連続マイナス

制度・ビジネスチャンス

 東京商工リサーチがまとめた2016年(1~12月)の建設業の倒産(負債1000面円以上の企業倒産)は前年比4・8%減の1605件と8年連続で前年を下回り、1990年(1469件)以来の低水準になった。負債総額は1776億9900万円(前年比・8・1%減)と3年連続マイナス。平均負債額は1億1000万円(3・5%減)と過去20年間で最少となり、小規模倒産が目立った。
 同社は、中小企業に対する金融機関の返済猶予に加え、堅調な公共工事や企業の設備投資が倒産減少の背景と分析。当面、急増要因は見当たらないものの、最近の急激な円安進行が建築資材に波及して工事コストが上昇する懸念もあるとして、今後の経営環境の変動には注意が必要と指摘している。
 業種別の倒産件数は、総合工事業784件(0・3%減)、職別工事業494件(8・5%減)、設備工事業327件(8・9%減)。原因別では、受注不振(販売不振)が979件(4・4%減)と全体の6割を占めたほか、既往のしわ寄せが353件(5・3%減)、運転資金の欠乏が95件(9・1%増)、事業上の失敗が67件(39・5%増)などが続いた。
 帝国データバンクが発表した16年の建設業の倒産は1594件(1・1%減)だった。

16年の建設業倒産/4・8%減1605件、8年連続マイナス/東京商工リサーチ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

    厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

  2. 【健康経営が生む新ビジネス:3】オフィス訪問の野菜販売が好調!

    【健康経営が生む新ビジネス:3】オフィス訪問の野菜販売が好調!

  3. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

    名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

  4. 国交省が電気通信工事の国家資格創設へ。技術検定で制度化、30年ぶりの新種目

  5. 国交省、アジア太平洋の建設事業で外資規制撤廃求める

  6. 全農、農畜産物の輸出計画、68%増の207億円

  7. 【健康経営が生む新ビジネス:2】トップ営業に意外なニーズが

  8. ポスト五輪、建設市場もインバウンド需要で。極端な落ち込みなしの予測

  9. 国交省と日建連、週休2日モデル工事拡大。課題は工期設定

  10. 電力自由化、ケイ・オプティコムのeo電気の申し込み始まる

アクセスランキングをもっと見る

page top