大成建設と千葉工業大学、天井裏点検システムを開発。遠隔操作探査ロボで効率化 画像 大成建設と千葉工業大学、天井裏点検システムを開発。遠隔操作探査ロボで効率化

IT業務効率

 大成建設は13日、千葉工業大学と共同で建物内の天井裏点検システムを開発したと発表した。千葉工大が開発した遠隔操作型の探査ロボットに、暗所でも撮影可能なカメラ機構を搭載。人が入り込めない狭いスペースでも効率・効果的な点検作業が可能になる。
 千葉工大が開発した探査ロボット「CHERI(シェリ)」は、全長350ミリ、幅250ミリ、高さ90ミリの大きさ。ダクトや配管下の隙間が100ミリ以上あれば、すり抜けることができる。最大で150ミリの高さまでの障害物を乗り越えることが可能で、野縁や野縁受けなどの天井部材(高さ約65ミリ)を容易に乗り越える。
 探査ロボットの前方に搭載するカメラは、付属のLEDライトを使うことで、10ルクス程度の少ない光量でも鮮明な静止画と動画を記録・保存可能。リフトアップ機能で最大300ミリまで撮影高さを調整して点検できる。
 探査ロボットとカメラは、無線LANで遠隔制御される。オペレーターが点検状況をモニターで確認しながら、探査ロボットの移動やカメラの向きなどをパソコンを使って変えながら点検できる。従来は人が入り込むことが困難だった天井裏をさまざまな視野で点検できるため、点検箇所や範囲が広がり、的確に危険箇所を判断できる。
 今後は実際に点検作業を行う調査会社との連携を図りながら17年度早期の実用化を目指す。千葉工大は、樹脂製の部材を増やすなどさらなる軽量化と製作コストの削減により量産化を図り、将来的には調査会社へのシステムの販売を目指す。

大成建設、千葉工業大学/天井裏点検システムを開発/遠隔操作探査ロボで効率化

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

    【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

  2. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  3. 【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

    【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

  4. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(整備・点検編)

  5. 売上1億円のカベ、10億円のカベってなに?(続編)

  6. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  7. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:4

  8. サービス業のIT利用最前線!7 “相席”したロボットの「居酒屋のおもてなし」

  9. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  10. 建築ドローン協会、将来的にはドローンスクールの立ち上げも

アクセスランキングをもっと見る

page top